退職代行

退職コンシェルジュの口コミ評判!詐欺?28ヶ月の給付金は本当に受けられるのか?

退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートの口コミ評判-min

退職コンシェルジュが展開する最大で28ヶ月間の社会保険給付金サポートをご存知でしょうか。

通常3か月しかもらえない失業手当を社会保険を利用することによって最大で28ヶ月延長してもらう事ができます。

具体的にもらえるのは、失業手当や傷病手当金等。

今回の記事では、退職コンシェルジュの口コミや評判について紹介します。

\社会保険給付金サポートはこちらから/

\まずは無料相談/

無料相談はこちらから

退職コンシェルジュの公式HPへジャンプします

退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートとは?

退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートとは、心の病などによって働けなくなった人のために社会保険給付金を受けやすくするサービスです。

要は、仕事で働けないくらい心身を消耗してしまった人向けに、働かなくてもお金を給付を受けられるようにサポートしてもらえます。

心の病が発覚した場合でも、生活やお金のために働き続けなければなりません。給食や退職をしてしまうと、少なからず生活が苦しくなりますよね。

失業手当も、退職後3か月しかもらえないため、その先が不安になるもの。

しかし、退職コンシェルジュでは最大28ヶ月間まで延長してもらうようサポートしてもらえます。

そのため、最大で2年4ヶ月間の間、給付金を受け取りながら療養することが可能となるのです。

しかし、この申請を自分一人で行うのはなかなか難しいもの。そのため、しっかりと給付が受け取れるようにサポートしてくれるのが退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートです。

 

社会保険給付金サポートは休職でも受けられる?

社会保険給付金サポートは退職しなければだめなの?と不安に思う方もいるでしょう。

社会保険給付金サポートは休職に対しても利用可能です。

要は、【何らかの理由】によって、働くことができない方向けに給付金を受けることができるものです。

休職でも退職でもどちらでも社会保険給付金サポートは受けることができるとのこと。

自分の場合はどうなのだろう…と、思う人もいるかもしれませんが、まずは一度相談して観ることをおすすめします。

仕事・職は失いたくないけれど、一時的に休みたいという方にもぴったり

 

退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートの実例

では、具体的に退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートで得られる金額について紹介しましょう。

30万円の給料の場合、総支給額はで最大で540万円になるとのこと

今回は月に30万円の給料をもらっている田中さんを例に紹介していきます。

失業手当のみの場合(サポート無し)

こちらは誰でも失業した人が受けられる失業手当を自力で受ける場合です。

月に30万円の給料の場合、退職後に貰える失業手当は60%です。そのため、もらえる給付金の金額は以下となります。

通常の失業手当

月に貰える金額:30万円×60%=18万円

総支給額:18万円×3ヶ月分=54万円

失業手当としてもらえるのはありがたいけど、54万円だと少し心配だよね

社会保険給付金+失業手当の場合

こちらが退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートを受けた事例です。

月に30万円の給料の場合、退職後に貰えるのは社会保険給付金65%18カ月分と、失業手当60%の3~10カ月分ですです。

退職コンシェルジュの給付金サポート

■社会保険

  • 月に貰える金額:30万円×65%=19.5万円
  • 支給額:19.5万円×18ヶ月分=351万円

■失業手当(社会保険給付完了後)

  • 月に貰える金額:30万円×60%=18万円
  • 支給額:18万円×10ヶ月分=180万円

総支給額:社会保険351万円+失業手当180万円=531万円

 

働けないために退職・休職した場合、社会保険給付サポートの方が圧倒的に貰える金額が多いことが分かりますね。

 

\社会保険給付金サポートはこちらから/

\まずは無料相談/

無料相談はこちらから

退職コンシェルジュの公式HPへジャンプします

 

退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートを受ける条件4つ

さて、退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートをを受けるためには、最低限の条件が4つあります。

具体的な条件は以下となります。

ポイント

  • あなたの年齢が20歳~54歳
  • 社会保険に1年以上加入している
  • 退職日まで2週間以上ある
  • 転職先が決まっていない

以上の4つです。この条件の中で少し厳しいかも...と思えるものは、社会保険に1年以上加入していることでしょうか。

会社から渡される健康保険証を持ち続けて1年以上経過していれば、問題ありません。

上記の条件を満たせば、十分に受給できる可能性はあると思います。

まずは退職コンシェルジュに登録して無料相談で「給付金が受けられるかどうか」を判断してもらいましょう。

 

退職コンシェルジュの手数料は?受け取れた給付金の10%~15%

さて、退職コンシェルジュのサポートはどうやって受けられるのか?気になりますよね。

 

退職コンシェルジュの給付金サポートは受け取った金額の10~15%を想定した金額設定になっています。月に19.5万円の給付金を受け取った場合は、2万円くらいの費用イメージですね。

 

さらに、受け取ることができなかった場合には「全額返金保証付き」であるため、安心ですね。支払い方法はクレジットカードでの支払いも可能であり、分割での支払いも可能です。

さらに、無料WEB説明会を受ければ割引になるサービスもあるため、まずは無料WEB説明会を受けてみましょう。

 

\社会保険給付金サポートはこちらから/

\まずは無料相談/

無料相談はこちらから

退職コンシェルジュの公式HPへジャンプします

 

社会保険給付金を受け取るデメリットはある?

社会保険給付金を受け取るデメリットについても確認しておきましょう。

少なからずデメリットは存在するので、このあたりを把握したうえで相談するようにしましょう。

受給中は仕事ができません

当然ながら社会保険給付金を受給中は仕事はできません。

なにかしらの問題があって仕事ができない状態ということで、受給できる制度なので、仕事をしてしまうと給付がストップしてしまいます。また、失業保険を受け取るためには「失業状態」であることが必要です。

働いたり、アルバイトなどをして「給料」を受け取った場合には給付がストップしてしまう可能性があります。

もし何らかの理由で必要なアルバイトがある場合は、一度、社会保険給付金サポートへ相談してみましょう。

申請が複雑で難しい

自力で社会保険給付金を申請するのは難しいです。

ぶっちゃけ、これが一番大きな問題だよね。。。

会社によってはこのあたりの案内をしっかりしてくれる場合もありますが、勤務中にこのような相談はめちゃくちゃしにくいもの。僕の経験上、会社に相談できる人って少ないんですよね。

なので「申請について聞ける人」も少ないんですよ。しかも、病気やけがで働けなくなった場合にはこういったことを調べるのは大変な作業となりますよね。

自分一人で申請すると、カンタンに給付を「却下」される場合もあるので注意しましょう。

 

ブランクが長くなる

最大28カ月間受けられる給付ですが、休んだ分、ブランクが長くなるデメリットがあります。

しかし、退職コンシェルジュでは社会保険給付金サポートを受けてから早期に再就職したら、再就職手当を受給できます。

早めに就職を決めて、ブランクの期間を短くし、再就職手当をもらう事をおすすめします。

 

退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートに向いている人

では、具体的にどのような人に退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートが向いているのでしょうか。

 

しばらく働きたくない人

何らかの理由によってしばらく働きたくない人にとってもおすすめです。

例えば、会社のストレスに耐えられなくなったり、ペットが亡くなって精神的に病んでしまったり。もしくはコロナによって何らかの働けないような問題に発生した場合など。

何らかの理由によってしばらく働きたくない・働けない場合に社会保険給付金サポートはぴったりです。

 

我慢して働いている人

会社のストレスが酷い状態なのに、我慢して働いている人にもおすすめです。

ストレスを溜め続けるといつか崩壊します。手遅れになってから「鬱病」等と診断されてしまうと、最悪手遅れになってしまう場合も。

我慢しすぎないでまずは相談してみましょう。

 

上司のパワハラに耐えられない人

会社がブラックなところもあれば、部署がブラックなところもあります。

どこの会社でもパワハラが酷い上司はまだまだいますよね。僕の経験上、パワハラがひどい上司に振り回されるとメンタルを壊しやすいです。

自分に合わないと思ったら、距離を置くように行動しましょう。

その行動が難しいようであれば、休職という形で給付金サポートを受けて見ても良いかもしれません。

 

\社会保険給付金サポートはこちらから/

\まずは無料相談/

無料相談はこちらから

退職コンシェルジュの公式HPへジャンプします

 

退職コンシェルジュの口コミ評判

会社の雰囲気が私に合わず、精神的に辛い状況でした。とはいえ、仕事を辞めるとお金の問題があったので辞められず困っていました。そんな時に社会保険球菌サポートがあると知りました。おかげで受給しながらゆっくりと転職活動を行うことができました!
コロナが流行り始めた時期からなぜか体調を崩しやすくなってしまい、退職することにしましたがお金に関する不安がありました。そんな場合でも社会保険給付サポートを受けることができるか不安でしたが、しっかりとしたサポートを受けることができて無事に受給できました!たぶん、一人で申請したら挫折していたかもしれません。
失業手当が少ないことが不安でした。3ヶ月しかもらえないし、これだと安心して退職できないので悩んでいました。社会保険給付金サポートに相談してみるとギリギリ傷病手当金を受けることできると分かりました。細かい条件などが分からなかったのでありがたかったです。

 

退職コンシェルジュについてQ&A

ここでは、退職コンシェルジュについてのQ&Aを紹介します。

本当に受給サポートを受けられるんですか?

適用条件をクリアすることができれば、誰でもサービスを受給できます!

僕も過去に受給した経験がありますが、何度か失敗しました。そのため、退職コンシェルジュのサポートを受けて申請したほうがいくらか安心です。

受給サポートを受けられないケースはありますか?

あります。過去に社会保険給付金サポートを依頼したものの、会社の方とケンカ別れをしてしまったため、会社からの嫌がらせによって申請自体を行うことができなかった...というケースがあるとのこと。

また、極稀に保険組合から申請を拒否されてしまうケースもあるようです。

自分一人で行動を起してしまうと、このようなトラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。

退職コンシェルジュから退職方法についてのアドバイスもありますので、毎回しっかりと相談して進めると安全に給付金サポートを受けることができるでしょう。

問い合わせでお金はかかる?

社会保険給付金サポートをお願いすると料金は発生しますが、相談や問い合わせであれば料金は発生しません。

サービスの契約時のみ、料金が発生します。

受給できなかった場合はどうなる?

もし社会保険給付を受給できなかった場合は料金は全額返金してもらえます。

その場合には一切料金を支払う必要は無いのでご安心ください。

既に退職した後にサービスを受けることはできますか?

退職済みの場合でも、場合によっては間に合うケースもあるようです。

まずは一度、退職コンシェルジュに相談してみましょう。

その後の転職が不安

社会保険給付金サポートを受けることができたとしても、その後の転職が不安になることもありますよね。

退職コンシェルジュの場合、就業サポートを受けることができます。提携先企業から、再就職先の紹介をしてもらえるので、そのサービスを利用して再就職を行いましょう。

退職コンシェルジュでは、紹介を受けて就職できた際には、再就職手当というお祝い金がもらえる場合もあります。

別の会社に就職したい...という場合も、まずは一度相談してみましょう。

 

おわりに

以上、退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートについてまとめてみました。

社会保険給付金と聞くと、ハードルが高い様にも思いますが、ひとまず適用条件をクリアすれば、しっかりともらえるのが社会保険給付金です。

ただ、やっぱりそういう給付金て仕組みが難しくなっているんですよね。

なので、サポートを受けて受給するのが安全に長期的に給付金を受け取ることができる一番の方法なのではないでしょうか。

念のため、適用条件をもう一度記載しておきます。

適用条件

  • 年齢が20歳~54歳
  • 退職日が本日から『14日以上、90日未満』
  • 現時点で転職先が決まっていない
  • 社会保険に1年以上加入している(保険証参照)
もちろん、嘘はNG。依頼する際には細かい条件などをお伺いする場合があります。

もし条件に合致するのであれば、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

\社会保険給付金サポートはこちらから/

\まずは無料相談/

無料相談はこちらから

退職コンシェルジュの公式HPへジャンプします

退職代行おすすめTOP3

1位:退職代行SARABA

労働組合の中でも最安値。また、業界で不動の人気を誇る労働組合の退職代行SARABA。 即日対応・即日交渉ができるだけでなく、退職後の転職サポートについても充実。
費用:25000円

退職代行SARABAのHP

2位:退職代行ガーディアン

東京労働経済組合が運営する退職代行ガーディアン 企業との有給消化や未払いの残業代請求などの交渉が可能であり、今最も人気のある退職代行サービス
費用:29800円

退職代行ガーディアンのHP

3位:退職代行Jobs

顧問弁護士の西前啓子先生が監修しており、労働組合『合同労働組合ユニオンジャパン』が連携。 会社との交渉はもちろん、退職者のカウンセリングにも力を入れている退職代行。
費用:27000円

退職代行JobsのHP

-退職代行

© 2021 NEKOROBI Powered by AFFINGER5