退職代行 有給 残ってない

退職代行

退職代行で有給なし・足りない場合でも退職できる?無断欠勤にならないか不安な方へ

あなたは退職代行を使おうとしたものの、有給が足りない状態で困ってはいませんか?

退職代行で退職するまでの数日間、出勤はしないものの有給が無い場合、無事に退職できるか不安ですよね。

本記事では、退職代行を使おうとしたものの、有給がない状態でどのように退職できるのか?について紹介します。

 

そもそも、退職代行で有給消化はできるのか

さて、まず最初に退職代行を使った場合、辞めるまでに有給消化できるのかについて紹介します。

結論から言えば、有給消化して辞めることは可能です。

基本的に有給休暇を取得するのは労働者の権利です。そのため、会社で雇用されている労働者であれば、いつでも休むことができます。但し、円滑に仕事を進める場合には調整が必要になる場合もあるでしょう。

今回のような退職する時に使用する場合は、仕事のことよりもあなた自身の都合を優先させるべきなので、いつでも休むことが可能です。

 

退職代行を使う前に有給の付与日数について

では、退職代行を使う前に一般的な労働者にはどれくらいの有給休暇を与えられているのか確認しておきましょう。

以下は国が定めた有給休暇付与日数となります。

有給付与日数

出典:厚生労働省

上記の様に、継続勤務年数や1年間の所定労働日数などにより、与えられてる有給休暇の日数が決められます。

まずは、ご自身の勤務年数や労働条件などから有給休暇がどれくらい残っているのかを確認しましょう。

その上で、大まかの計算をしましょう。

もし自分で分からないようであれば、総務の方に確認すると良いでしょう。

 

退職代行では有給が足りなくても即日退職できる

さて、ではぐたいてきに退職代行を使う場合、有給が無いと安全に辞められるか不安ですよね。

結論から言うと、退職代行を使うと残っている有給が無くても即日退職が可能です。

正社員・派遣などの場合に分けて説明しますね。

正社員⇒欠勤の仕組みを使う。

一般的に退職する場合には退職する2週間前までに退職を申し出る必要があるとされています。

これは民法の627条により、決められています。しかし、これは会社側が認めた場合に限り、2週間前でなくても退職することが可能です。このため、基本的には即日退職が可能となっています。

但し、退職代行に寄って連絡してもらう当日は「休む」ことになりますよね。

もしくは、辞める会社が退職代行を使っての退職を拒否した場合、会社側が退職を認めるまでの間についても会社を休むことになります。

これらの休みは基本的に「欠勤」として処理されます。有給として処理されないために給料は出ませんが、休むことができるので安心してください。

 

有期雇用(派遣・契約)の場合

派遣社員・契約社員の場合については正社員とは別の扱いになります。

派遣社員・契約社員は民法137条・628条の法律が適用され、基本的には使用者に申し出ることでいつでも退職することができます。

ポイントはその雇用期間です。

  • 1年以上の勤務していた場合は理由が無くても即日退職が可能。
  • 1年未満の場合は、やむを得ない理由の場合に限り、即日退職が可能

上記の様に定められています。

「やむを得ない理由」というのが曖昧な表現ですが、おそらくは病気やハラスメント等が該当するかと思われます。

とはいえ、このあたりの判断は会社任せなところもあるかと思われます。ある程度の理由があれば普通に退職できるでしょう。

 

退職代行での欠勤のリスクとは?

さて、ここで正社員における欠勤のリスクについて考えておきましょう。

正社員で有給休暇が残っていなくても、欠勤のシステムで休みを取る事ができます。とはいえ、欠勤を行った場合、何かしらデメリットが起こりそうなもの。

そもそも欠勤って言葉が危なそうだよね。欠勤を繰り返すと減給とかになるんじゃないの?

その内容についてまとめます。

給与が発生しない

一番は有給休暇とはことなり給与が発生しません。そのため、無休での休暇となります。

もし退職代行を使用してからの休暇を欠勤とする場合は、その月の給料がもらえる翌月の給料から差し引かれる形になります。

もし金銭的問題を抱えているのであれば、給料が少なくなることを注意しておいた方が良いでしょう。

 

無断欠勤するとトラブルに・欠勤と無断欠勤の違い

基本的に欠勤する場合にも会社に事前に連絡が必要となります。連絡をせずに欠勤した場合は「無断欠勤」となり、何かしらのトラブルが起こる可能性があるでしょう。

欠勤と無断欠勤の違いは単純に「会社への連絡」を行っているかどうかの違いです。

無断欠勤を繰り返すと、場合によっては損害賠償請求等を行われる可能性があります。

とはいえ、その人が無断欠勤して会社に出勤しなかったことで、会社に損害が出たことを証明するのはなかなか難しいんですけどね。

ポイント

では、有給が残っていない状態で退職代行を使って代行当日に休んだらどうなるの?と思うかもしれませんが、辞めること前提であればそこまで気にする必要はありません。

また、代行業者から会社に連絡を行うため、「無断」には該当しないのではないでしょうか。よく、電車で遅れたり当日になって風邪で出勤できない事ってありますよね。

それと同じでひとまず代行業者から連絡が入れば問題ないように思います。

 

繰り返していると解雇の可能性

とはいえ、会社での業務を遂行する上であまり良い評価をされるものではありません。

欠勤を繰り返していると、会社の業務に支障が出る場合があり、場合によっては雇用解雇を行われる可能性があります。欠勤を繰り返したことによる解雇は正当な解雇事由に該当します。

退職と解雇の違いは、退職金などが支払われるかどうかです。もし解雇になった場合は退職金などが支払われることはありませんので、注意しておきましょう。

 

 

有給が無い人でも即日退職できる退職代行とは?

さて、退職代行を使用する前に有給が残っていないと心配する人も多いでしょう。退職代行を使って会社側が認めれば基本的にはすぐに辞めることができます。

しかし、もし仮に相手の会社側が退職を拒否してきたらどうなるでしょうか?

退職を拒否することは労働基準法に違反する為、基本的には違法となるのですが、そのようなブラック企業も世の中にはあるものです。

その場合、退職代行を使って連絡はしているものの、相手の会社は拒否し、あなたの存在が宙に浮いた状態になります。

相手側が認めるまでの間、「欠勤」が続くことに。もし仮に退職できなかった場合には、その後がいろいろと面倒な状態になりますよね。

 

実は退職代行には3種類あり、それぞれ弁護士、労働組合、民間企業が運営しています。

もし退職代行を使って退職を有利に進めたいのであれば、弁護士、もしくは労働組合の退職代行がおすすめです。

というのは、民間企業の退職代行は基本的には「交渉」ができません。そのため、退職の意思を相手の会社に伝えられるものの、相手の会社が拒否した場合、何も言えなくなってしまうんですよね。

そこからどのように説得し、退職について話を進められるかは「交渉」ができるかどうかが条件となります。

この交渉を行うことによって以下ののようなトラブルも上手く進めることができるでしょう

  • 退職を拒否した会社を上手に説得する
  • 退職金を支払うように促す
  • 働いた分の残業代を支払うように促す
そもそも、よくわからない会社から電話が来ても「おたくどなた?」ってなるけど弁護士や労働組合から代行電話がかかってきたら、相手の会社も身構えますよね。名前自体がかなり強いのも良いところ。

 

弁護士や労働組合の退職代行は交渉の権利を持っています。

POINT:会社と交渉ができる退職代行

弁護士 労働組合 一般企業
会社への通知
即日対応 ×
会社との交渉 ×
裁判の代理人 × ×
費用 10万円程度 2~3万円 1~3万円

また、弁護士と労働組合だと圧倒的に費用は労働組合がおすすめです。

そのため、有給が残っていない場合で安心安全に退職したいなら労働組合の退職代行がおすすめですよ。

 

有給が無い人でも即日退職できる退職代行3選!

それでは、労働組合でおすすめの退職代行を3社紹介します。

有給が残っていない場合でも、まずこれらの会社に依頼すれば安全に辞めることが可能です!

退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアン 失敗しない

退職代行ガーディアンの特徴

  • 絶対にトラブル・失敗したくない!
  • 労働組合の退職代行で交渉が可能!
  • 出来れば即日退職したい!
会社との交渉 対応の速さ 信頼・実績 コスパ

一番のおすすめは退職代行ガーディアン。こちらは東京労働経済組合と呼ばれる労働組合法人が運営しています。

全国対応しており、労働組合なので辞める会社との交渉も有利に働かせることが可能。そして、退職代行ガーディアンは相談からの反応率が異常に早く、そして対応が丁寧ということでも人気。

退職代行でトラブルを起こしたくないという場合は退職代行ガーディアンに依頼してみましょう。

\まずは相談してみよう/

退職代行ガーディアン公式HP

※退職代行の費用は29800円!相談無料!

退職代行ガーディアンの口コミ評判!弁護士より安く安全なホントの理由

会社を辞めたい・仕事を辞めたい時に、『退職代行』を使うことを一度は考えたことがあるのではないでしょうか。 今回の記事では ...

続きを見る

退職代行SARABA

退職代行SARABAの特徴

  • できるだけ安いところに依頼したい!
  • 絶対にトラブル・失敗したくない!
  • みんなが使っている人気のところに依頼したい!
会社との交渉 対応の速さ 信頼・実績 コスパ

退職代行SARABAも労働組合が運営する退職代行です。運営しているのは退職代行SARABAユニオン。

退職代行SARABAがスゴイのは実績と人気。SARABAの人気は業界でも最も優れているのではないでしょうか。また、様々なメディアに出演しており、その知名度も抜群に高いもの。

そして金額は労働組合の中でも最も安い25000円。まさに破格の対応をしてもらえます。

\まずは相談してみよう/

退職代行SARABA公式HP

※退職代行の費用は25000円!相談無料!

退職代行SARABA 口コミ-min
退職代行SARABAの体験談!流れや失敗は?実際にインタビューしてみた!【口コミ評判】

この記事では退職代行SARABAの体験談や口コミや評判について紹介します! 退職代行は日本全国に複数存在していますが、出 ...

続きを見る

退職代行JOBS

退職代行Jobsの特徴

  • 労働組合と提携しているため交渉が可能!
  • 顧問弁護士の西前啓子先生が顔出しで監修!
  • 退職後のカウンセリングサービスを提供!
会社との交渉 対応の速さ 信頼・実績 コスパ

最後に紹介するのが退職代行Jobs。元々は民間企業の退職代行でしたが2021年より労働組合との提携が開始し、辞める会社との交渉が可能になりました。

退職代行Jobsの特徴として、弁護士の西川先生が顔出しで公式HPに掲載されています。弁護士が顔出しで提携するのも非常にレアなケース。安心感がありますね。

そして、退職代行利用者に限り、カウンセリングのサービスも対応しています。

退職後の人生について相談したい方は退職代行Jobsがおすすめです!

\まずは相談してみよう/

退職代行Jobs公式HP

※退職代行の費用は27000円!相談無料!

退職代行Jobsの口コミ評判!
退職代行Jobsの口コミ評判!トラブルなく即日で会社を辞めることはできる?

退職代行Jobsをご存知でしょうか? 仕事を辞めたい、会社に辞めるって言いづらい。そんな時に代わりに退職してくれる退職代 ...

続きを見る

 

民間企業の退職代行(比較用)

こんな方におすすめ

  • 料金は20000~30000円程度
  • 基本的には辞めたい人だけの人向け
  • 交渉ができないため、トラブルに発展する可能性あり
会社との交渉 対応の速さ 信頼・実績 コスパ
不可

 

全国で対応している退職代行のランキングを知りたい方は以下の記事を確認してみましょう。

退職代行をランキング比較!オススメの会社や選び方【2021最新】

今すぐ辞めたい!とにかく明日から仕事に行きたくない! 職場でそんな思いが溢れた時に利用すべきなのが退職代行サービスです。 ...

続きを見る

 

おわりに

以上、退職代行を使う場合に有給が足りない場合について解説しました。

結論としては、有給がない状態でも退職は可能であり、欠勤、もしくは退職代行で即日対処が可能なため、有給が無くても大丈夫...ということです。

もちろん、有給が残っている状態であれば、それを消化してから退職ということも可能なのでご安心を!

 

退職代行おすすめTOP3

1位:退職代行ガーディアン

東京労働経済組合が運営する退職代行ガーディアン 企業との有給消化や未払いの残業代請求などの交渉が可能であり、今最も人気のある退職代行サービス
費用:29800円

退職代行ガーディアンのHP

2位:退職代行Jobs

顧問弁護士の西前啓子先生が監修しており、労働組合『合同労働組合ユニオンジャパン』が連携。 会社との交渉はもちろん、退職者のカウンセリングにも力を入れている退職代行。
費用:27000円

退職代行JobsのHP

3位:退職代行SARABA

労働組合の中でも最安値。また、業界で不動の人気を誇る労働組合の退職代行SARABA。 即日対応・即日交渉ができるだけでなく、退職後の転職サポートについても充実。
費用:25000円

退職代行SARABAのHP

-退職代行

© 2021 NEKOROBI Powered by AFFINGER5