退職代行

退職代行で有給なし・足りない場合も即日で退職できる?無断欠勤にならないか不安な方へ

退職代行 有給 残ってない

あなたは退職代行を使おうとしたものの、有給が足りない状態であれば即日で辞められないのでは?と困ってはいませんか?

退職代行で退職するまでの数日間、出勤はしないものの有給が無い場合、無事に退職できるか不安ですよね。

本記事では、退職代行を使おうとしたものの、有給がない状態でどのように退職できるのか?について紹介します。

 

退職代行で有給消化はできるのか

さて、まず最初に退職代行を使った場合、辞めるまでに有給消化できるのかについて紹介します。

結論から言えば、有給消化して辞めることは可能です。

基本的に有給休暇を取得するのは労働者の権利です。そのため、会社で雇用されている労働者であれば、民法上はいつでも休むことができます。

但し、仕事を円滑に進めるため、職場の人と調整が必要になる場合もあるでしょう。

退職代行で有給休暇を使用する流れとしては、退職代行を依頼し、翌日から2週間の有給休暇を消化し、消化後に退職手続きを行う流れとなります。

退職する時に使用する場合は、仕事のことよりもあなた自身の都合を優先させることができるため、退職に合わせて休むことが可能です。

 

退職代行を使う前に有給の付与日数について

では、退職代行を使う前に一般的な労働者にはどれくらいの有給休暇を与えられているのか確認しておきましょう。

以下は国が定めた有給休暇付与日数となります。

有給付与日数

出典:厚生労働省

上記の様に、継続勤務年数や1年間の所定労働日数などにより、与えられてる有給休暇の日数が決められます。

まずは、ご自身の勤務年数や労働条件などから有給休暇がどれくらい残っているのかを確認しましょう。

その上で、大まかの計算をしましょう。

もし自分で分からないようであれば、総務の方に確認すると良いでしょう。

 

退職代行では有給が足りなくても即日退職できる

では退職代行を使う場合、有給が無い場合について紹介しましょう。

有給休暇を取得することができないと安全に辞められるか不安ですよね。

結論から言うと、退職代行を使うと残っている有給が無くても即日退職が可能です。

正社員・派遣などの場合に分けて説明しますね。

正社員⇒欠勤の仕組みを使う

民法上では退職する場合には退職する2週間前までに退職を申し出る必要があるとされています。

これは民法の627条により決められています。しかし、会社側が2週間以内の退職を許可した場合は、2週間待たなくても即日で退職することが可能です。

そして、会社としては退職するまでの2週間を「欠勤」として待たされるより、さっさと退職させるべきという判断を下すケースがほとんどです。

なぜなら欠勤の日数分、会社は社会保険料の負担することになりマイナスにしかなりません。

欠勤として2週間消費するならさっさと辞めさせた方が会社としても楽になるんだな

この仕組みを使って、有給休暇が足りない人でも即日退職が可能となっています。

有給が無い場合は欠勤になるが、基本的には会社が即日に退職を認めてくれる

 

但し、退職代行に連絡してもらう当日は「休む」ことになりますよね。また、辞める会社が退職代行を使っての退職申告を拒否した場合、会社側が退職を認めるまでの間についても会社を休むことになります。

この間の休みをどのように処理すればよいのか悩む場合も多いかと思われます。この休みも「欠勤」として処理されます。

有給ではなく欠勤として処理されるために給料は出ませんが、退職代行を使った後に出社する等ということはありませんので安心してください。

 

有期雇用(派遣・契約)の場合

派遣社員・契約社員の場合については正社員とは別の扱いになります。

派遣社員・契約社員は民法137条・628条の法律が適用され、基本的には使用者に申し出ることでいつでも退職することができます。

ポイントはその雇用期間です。

  • 1年以上の勤務していた場合は理由が無くても即日退職が可能。
  • 1年未満の場合は、やむを得ない理由の場合に限り、即日退職が可能

上記の様に定められています。

「やむを得ない理由」というのが曖昧な表現ですが、おそらくは病気やハラスメント等が該当するかと思われます。

とはいえ、このあたりの判断は会社任せなところもあるかと思われます。ある程度の理由があれば普通に退職できるでしょう。

派遣社員は申し出ることで”いつでも”辞めることができる

 

退職代行での欠勤のリスクとは?

さて、ここで正社員における欠勤のリスクについて考えておきましょう。

正社員で有給休暇が残っていなくても、欠勤のシステムで休みを取る事ができます。とはいえ、欠勤を行った場合、何かしらデメリットが起こりそうなもの。

そもそも欠勤って言葉が危なそうだよね。欠勤を繰り返すと減給とかになるんじゃないの?

欠勤のリスクについて紹介します。

給与が発生しない

欠勤は有給休暇とは異なり給与が発生しません。そのため、無休での休暇となります。

もし退職代行を依頼してから実際に退職するまでを欠勤とする場合は、欠勤した分の日割りが翌月の給料から差し引かれる形になります。

もし金銭的問題を抱えているのであれば、給料が少なくなることを注意しておいた方が良いでしょう。

 

無断欠勤するとトラブルに・欠勤と無断欠勤の違い

基本的に欠勤する場合にも会社に事前に連絡が必要となります。連絡をせずに欠勤した場合は「無断欠勤」となり、何かしらのトラブルが起こる可能性があるでしょう。

無断欠勤とは、事前の連絡なく、労働者が自分の都合のみで会社を休むことです。

欠勤と無断欠勤の違いは事前に「会社への連絡」を行っているかどうかの違いです。

無断欠勤を繰り返すと、場合によっては懲戒解雇となる場合があります。

 

また、会社の就業規則によっては欠勤を繰り返すことで業務に支障が出るため解雇事由になり得ることもあります。まずは一度、勤務先の就業規則をしっかりと読むようにしましょう。

 

代行当日はどうなる?

では、有給が残っていない状態で退職代行を使って代行当日に休んだらどうなるの?と思うかもしれませんが、代行当日も事前の連絡が無ければ無断欠勤の定義に該当します。

なので、退職代行に依頼する場合には、できれば始業時間以前に退職代行を行うことができるかを、相談してみましょう。

そもそも辞めること前提であれば気にする必要は無いかもしれませんが、念には念を入れて対応しておくことが大切です。

 

欠勤を繰り返していると解雇の可能性

とはいえ、会社での業務を遂行する上で欠勤はあまり良い評価をされるものではありません。

欠勤を繰り返していると、会社の業務に支障が出る場合があり、場合によっては雇用解雇を行われる可能性があります。

1日欠勤した程度で解雇にするのは厳しすぎるように思いますが、退職代行を使う前に何度も欠勤していた場合には注意が必要です。

欠勤を繰り返したことによる解雇は正当な解雇事由に該当します。

退職と解雇の違いは、退職金などが支払われなかったり、転職時に履歴書に記載する必要があります。

もし解雇になった場合は退職金などが支払われることはありませんので、注意しておきましょう。

 

有給が無い人でも即日退職できる退職代行とは?

さて、退職代行を使用する前に有給が残っていないと心配する人も多いでしょう。退職代行を使って会社側が退職を認めれば基本的にはすぐに辞めることができます。

しかし、もし仮に相手の会社側が退職を拒否してきたらどうなるでしょうか?

退職を拒否することは労働基準法に違反する為、基本的には違法となるのですが、そのようなブラック企業も世の中にはあるものです。

その場合、退職代行を使って連絡はしているものの、相手の会社は拒否し、あなたの存在が宙に浮いた状態になります。

相手側が認めるまでの間、「欠勤」が続くことに。もし仮に退職できなかった場合には、その後がいろいろと面倒な状態になりますよね。

 

実は退職代行には3種類あり、それぞれ弁護士、労働組合、民間企業が運営しています。

もし退職代行を使って退職を有利に進めたいのであれば、弁護士、もしくは労働組合の退職代行がおすすめです。

というのは、民間企業の退職代行は基本的には「交渉」ができません。そのため、退職の意思を相手の会社に伝えられるものの、相手の会社が拒否した場合、何も言えなくなってしまうんですよね。

そこからどのように説得し、退職について話を進められるかは「交渉」ができるかどうかが条件となります。

この交渉を行うことによって以下ののようなトラブルも上手く進めることができるでしょう

  • 退職を拒否した会社を上手に説得する
  • 退職金を支払うように促す
  • 働いた分の残業代を支払うように促す
そもそも、よくわからない会社から電話が来ても「おたくどなた?」ってなるけど弁護士や労働組合から代行電話がかかってきたら、相手の会社も身構えますよね。名前自体がかなり強いのも良いところ。

 

弁護士や労働組合の退職代行は交渉の権利を持っています。

POINT:会社と交渉ができる退職代行

弁護士 労働組合 一般企業
会社への通知
即日対応 ×
会社との交渉 ×
裁判の代理人 × ×
費用 10万円程度 2~3万円 1~3万円

また、弁護士と労働組合だと圧倒的に費用は労働組合がおすすめです。

そのため、有給が残っていない場合で安心安全に退職したいなら労働組合の退職代行がおすすめですよ。

 

 

退職時の有給消化についてのQ&A

ここでは、退職時の有給消化についての悩みを紹介します。

退職前の有給消化中の上司からの連絡

退職有給中にパワハラ上司から沢山仕事の連絡がきます。 一応有給中なので対応はしてますがもう無視しても良いものでしょうか?
有給消化中は上司からの連絡は無視して大丈夫です

会社では人によって「休み」の時でも対応するのは仕事の一環だ...なんて考え方を持つ人もいます。

しかし、有給は労働者に与えられた権利になります。そのため、退職前の有給消化中に連絡を取り合う必要はありませんよ。

 

退職代行を使用したけど有給が残っていない...

退職代行を使用したのですが 入社してあまり日が経っていないので 有給がありません。 こういう場合は無断欠勤→解雇 という形になってしまうのでしょうか?
退職代行を使用したのであれば、無断欠勤ではなく欠勤と処理され、退職できますよ

退職代行を使った場合には、有給が残っていない場合でも欠勤として扱われます。また、退職代行を使ってからの欠勤連絡は代行会社にお任せすることができるため、あなた自身が連絡する必要はありません。

無断欠勤にはならないため、安心してください。

ポイント

退職代行と会社のやり取りの結果、ほとんどの場合は残りの2週間の欠勤を待たずして、即日退職をさせる場合が多いです。会社さえ退職を認めれば2週間を待たずに退職できるので、会社としては2週間を欠勤として対処する意味がなくなるんですよね。

 

かなり怒っていたみたいだけど...

入社して2カ月で退職したいと申し出たら、とても怒られました。まだ引き継ぎもありませんし有給もありません。この場合でも、退職代行を使用したら即日退職を認めてもらえるのでしょうか
上司が起こっていると怖いですよね。それでも、退職代行を使って相手の会社に交渉すれば、即日退職は可能ですよ

会社は採用した人を育てるために厳しく当たることが多いです。それなのに退職すると言われたら、今までの苦労は何だったのか...と怒ってしまう人も多いもの。

しかし、退職代行を使った場合は正式な手続きを行うため、どれだけ相手が感情的になっていたとしても上司の怒りと会社としての対応は別モノ。

「会社の損失」と「欠勤のシステム」を使えば安全に辞めることが可能です。

有給が無い状態でも、欠勤の制度を使って退職することができます。

引き継ぎも無い状態ならば、基本的には即日退職が可能でしょう。

 

次の日から行かなくてもいいの?

退職代行を使ってからの2週間は有給消化で何とかできますか?有給で何とかなりますか?引き継ぎや抜けた時の人手が足りなくなるのですがやめれますか?
なります!2週間は有給消化で対応できます。

退職代行を使ってからの2週間は有給に当てられることが多いです。

退職代行サービスによっては、有給休暇の消化さえできないこともありますが、労働組合に依頼すれば基本的には有給を消化して辞める流れになるでしょう。

引き継ぎは会社のルールであって、義務では無いため、必ずやらなければならないものではありませんよ。

必要であれば、引き継ぎ書を作成して、郵便で送付するようにしましょう。

引き継に関して詳しくはこちらからどうぞ

退職代行は引き継ぎなしで退職可能?リスク回避で安全に辞めるためには

『退職代行では引継ぎをしなくても退職は可能なのか?』あなたはこのような疑問があるのではないでしょうか? 退職しようとする ...

続きを見る

 

有給を断られた場合

自律神経失調症という事で、1ヶ月程度の休養が必要とされました。診断書を上司に渡して、有給を取ってこのまま退職したいと伝えたところ、一旦考えさせて下さいと言われました。 退職となると、業務の引継ぎとか必要になるので結局1ヶ月程度は出社しなきゃいけないですよね。
退職代行を使用しない場合はそうなります。

基本的に正社員の場合は、最低2週間前に申告して退職が可能という形になります。

そのため、残りの期間は本人と会社の交渉によって変わりますが、マナーとして基本的には1ヶ月程度の辞めるまでの期間が必要になります。

退職代行を使用した場合は、有給を取ってこのまま退職することは十分に可能です。

 

有給消化中の退職では

有給を10日間取得し、10日後には退職をしようって思っています。 会社には有給休暇後にいきなり退職をしようと思っています。 これって可能ですか?

退職代行を使用しない状態で、長期間の有給後に退職...というのは場合によっては断られる可能性もあるでしょう。

そのため、引き止めらたり、引き継だけはやってくれ...と言われ、結果的にトラブルになる可能性は十分にあるでしょう。

退職代行を使用すれば、有給消化中に手続きが行われ、そのまま退職ができるので、長期有給初日に連絡して退職するということは十分に可能です。

 

退職代行で有給なし!即日で退職できるか不安なら

退職代行を使う時、その時点で有給が無く、即日で辞められるかどうしても不安になりますよね。

中には、仕組みも良く分かっていないのに「違法だ!」「認めない!」なんて発言する人も。

退職代行業者いわく、退職代行を行ったら10件に1件は相手がブチ切れているとか。

やっぱり急にいなくなると会社としても怒るよね。

そのため、もし有給が無くて即日退職について不安に感じるのであれば、以下の対策を取っておくようにしましょう。

 

弁護士の退職代行サービスNEXTに依頼する

ポイント

  • 退職代行料金は33000円
  • 状況によっては追加料金あり
  • 弁護士なのに即日対応!
  • 電話で全て完結できる
交渉力 速さ 実績 信頼 コスパ

退職代行NEXTは弁護士が運営に携わる退職代行サービス。具体的には、豊楽法律事務所という弁護士事務所がサポートしてくれます。

弁護士がバックに付いているため、安心して退職が可能となっています。退職代行プランは30000円と比較的安め。退職できなかった場合は全額返金サポートもあり。各種会社との交渉や退職後のサポートも完璧。基本的には退職率は100%となっています。

そのため、退職代行NEXTは安い・早い・安心の三拍子がそろったサービス。まさに最強の退職代行です。

会社から損害賠償請求をされた時の交渉や、セクハラやパワハラを受けて損害賠償請求をしたい場合にも対応可能です。

こんな方におすすめ

  • 少し高くてもいいから安心して退職したい
  • 実績のある弁護士に依頼したい。
  • 即日対応してくれるところに依頼したい

\まずは相談してみよう/

無料相談はこちら

退職代行NEXTの公式HPへジャンプします

退職代行NEXTの口コミ評判は?弁護士の代行で有給消化や残業代の未払いにも対応!

この記事では退職代行NEXTについて紹介します! 退職代行は世の中に複数存在しますが、その中でどれが一番いいのかはわかり ...

続きを見る

 

 

おわりに

以上、退職代行を使う場合に有給が足りない場合について解説しました。

結論としては、有給がない状態でも退職は可能であり、欠勤、もしくは退職代行で即日対処が可能なため、有給が無くても大丈夫...ということです。

もちろん、有給が残っている状態であれば、それを消化してから退職ということも可能なのでご安心を

 

退職代行おすすめTOP3

1位:退職代行SARABA

労働組合の中でも最安値。また、業界で不動の人気を誇る労働組合の退職代行SARABA。 即日対応・即日交渉ができるだけでなく、退職後の転職サポートについても充実。
費用:25000円

退職代行SARABAのHP

2位:退職代行ガーディアン

東京労働経済組合が運営する退職代行ガーディアン 企業との有給消化や未払いの残業代請求などの交渉が可能であり、今最も人気のある退職代行サービス
費用:29800円

退職代行ガーディアンのHP

3位:退職代行Jobs

顧問弁護士の西前啓子先生が監修しており、労働組合『合同労働組合ユニオンジャパン』が連携。 会社との交渉はもちろん、退職者のカウンセリングにも力を入れている退職代行。
費用:27000円

退職代行JobsのHP

-退職代行

© 2021 NEKOROBI Powered by AFFINGER5