HSP

HSPに保育士は向いてない?原因は人間関係?長く仕事を続けるためのポイントを解説

HSPさんにとって保育士は向いていないのか?そんな風に考えることってありませんか?

実際、仕事していると疲れやすかったり、人間関係で悩んでしまう事ってありますよね。

しかし、HSP保育士さんが疲れてしまうのは職場環境だったり人間関係が原因の事がほとんどなのです。

今回の記事では、HSP保育士さんが仕事を楽に続けるためのポイント、そしてHSPさんが保育士に向いている理由について紹介します。

 

HSPに保育士は向いてない?

結論から言うと、HSPさんは保育士の仕事に向いています。

HSPさんの性格上、人の役に立とうとしたり幸せになるためにサポートしようとする気質を持っている方が多いです。

そのため、子供の気持ちや親の気持ちになって考えることができるため、HSPさんは保育士に向いていると言えます。

じゃあ、なんでこんなに疲れてしまうんだろう?

 

HSP保育士さんに限らず、HSPさんは相手の気持ちを敏感に察する能力が高いため、人一倍情報を得てしまいます。

これは生まれ持っての能力であり、自然と疲れやすい体質であると言えるでしょう。

そこに、環境の問題や人間関係の悩みが重なることでさらに疲れやすくなってしまうのです。

 

HSP保育士が疲れやすくなるポイント

  • 園の子供の数に対して保育士の人手不足
  • 保育士同士の人間関係
  • とにかく激務で時間に追われる

 

環境的に激務になってしまう園で働いていると、人間関係のトラブルにもなりやすく、自然と気疲れをしてしまうのは当然のこと。

特に酷い園では休憩時間もろくに取れないまま働かされたり、サービス残業が40時間を超えているというのが『当然』としているケースもあります。

すこしおかしいな?と思ったことを相談してみると、『そんなの当たり前だよ?』って言われたら要注意です

保育園では上からの良い評価を守ろうとしているケースがあります。

評価を守ろうとして、結果的に保育士の負担が増えてしまうことも。

HSPさんはできる限りルールを守ろうと努めます。しかし、頑張って心身共に疲弊してしまった場合、気疲れしてしまって潰れやすくなってしまうもの。

そのため、HSP保育士さんは「向いてない」「疲れやすい」といった悩みを抱えてしまうんですよね。

 

それでは、HSPさんが保育士を続けるために考えるべきポイントについて紹介します。

 

HSP保育士さんが保育園での仕事を続けるためのポイント

HSPさんがストレスを抱えることなく保育士を続けるためにはいくつかの労働条件が必要です。

もし現在、あなたが保育士として働いているのであれば以下の条件に当てはまっているかどうかを考えてみましょう。

①子供の数に対して十分な保育士がいる

保育士としてストレスを抱えやすいのは、子供の数に対して保育士の数が足りていない状況。

保育士一人に対して面倒を見ることができる子供の数は年齢ごとに決められていますが、会社によってはそれを明らかにオーバーしている場合もあります。

結果、保育士が対応できる数以上の子供を抱えることになり、オーバーワークになってしまうことも。

その環境によって、子供が泣いてしまったり辛そうにする子供を見て、自分自身も疲れてしまうHSP保育士さんも多いのではないでしょうか。

 

②保護者との人間関係トラブル窓口がある

子供を預かっていると、しっかり面倒を見ていてもケガしてしまう子供もいますよね。

ふとした時に転んでしまったり,すりむいてしまったり。そんな怪我をしてしまったら保護者に謝らなければなりません。

その度に保護者との人間関係のトラブルも付き物と言えるでしょう。

保護者との人間関係のトラブルを相談できる窓口が無ければHSPさんは過剰に責任を感じてしまって疲れてしまうのではないでしょうか。

 

③上司との良好な人間関係が築けている

HSP保育士さんは上司との人間関係においても疲れやすいモノ。

保育士さんの場合、同じ園でもそこまで他の保育士さんと関わることも少ないかもしれませんが、ある程度のコミュニケーションを取る必要があります。

しかし、女性の世界ではイジメだったり上下関係に厳しい人も多いもの。

上司となる保育士と良好な人間関係を築けていない場合には必要以上のストレスを抱えてしまう場合が在るので注意が必要です。

 

④心身ともに健康を維持する

保育士さんの場合、どうしても残業や持ち帰り仕事が多くなってしまいますよね。

事務作業は子供が帰ってからだし、衣装の作成やピアノの練習も必要です。

そのため、睡眠不足になったり疲れが溜まってしまったりするもの。次第に心身ともに疲弊してしまうことも。

ココロの消耗は身体の健康状態が悪い時に陥りがち。そのため、出来るだけしっかりと食事をとり、睡眠をとることが大切です。

 

HSP保育士の保育園選びの注意点

① 働きやすい環境の整った園を探す

まずは、働きやすい環境の整った園を探すようにしましょう。

会社によっては保育士を「使い捨て」の様に扱う会社は多くあります。入れ替わりの激しい仕事なので、会社の体制としてそうなってしまうこともある様子。

しかし、そのような会社に入ってしまうと、たくさん働いても給料も少なく、転職もできない...ということになる場合も。

そのため、まずは保育士さんが働きやすいような労働環境の園を探すようにしましょう。

 

② 子ども以外の人間関係をチェックする

常に子供と接する上で、大切なのは他の保育士さんや保護者との人間関係です。

これは園長先生の方針によって決まってしまうこともありますが、入園して働き始める前にしっかりと見ておきましょう。

事前に園の様子を見ることができるなら保育士さんともできるだけ喋るようにして見てください。

それだけで保育園の様子が分かるようになります。

 

HSP保育士におすすめ!転職サイト3選

実際に見学できる【キッズメイト】


ポイント

  • 給与などの条件交渉もお任せ
  • 見学や面接の日程調整も丸投げ
  • 面接や履歴書の作成アドバイス
  • 保育園運営経験のある担当者が専属でサポート

キッズメイトは保育士の求人や転職に特化した転職サイト。求人紹介から内定までを無料でサポートしてもらえます。

給与や手当に不満を感じていたり休みが取れなかったり、人間関係に悩みをかけているHSP保育士さんのために、本当に共感できる保育園に出会うまでサポートし続けてもらえます。

しっかりと時間をかけてあなたの価値観や人柄を聞いたうえでご紹介してくれます。

入社後も安心して働くことができる保育園との出会いができるでしょう。

多くの園を見てきた担当者と一緒に見学に行くことができるのが良かったです。実際に私では気づかなかった園の特徴や雰囲気を教えてくださりそれが決め手になりました。一人では不安な方にはお勧めしたいです。

こんな方におすすめ

  • 人間関係に悩みを抱えやすい
  • 給料や休みなどが不満
  • 勤務条件などの細かい交渉をお願いしたい

\まずは無料相談/

無料相談はこちら

キッズメイトの公式HPへジャンプします

 

保育士ワーカー

保育士ワーカー

ポイント

  • 保育園・幼稚園・学童・病院・企業など、約50,000件の保育士求人をご紹介。
  • 全国15拠点の営業所で全国の保育士さんの転職サポート
  • 希望のミスマッチが少ないと評判あり!

保育士さんのハローワークとして有名。

ハローワークの求人も掲載しているほか、保育士ワーカーでしか扱っていない非公開求人も多数掲載しています。

さらに、面接対策から給与の条件交渉まで徹底的にサポートしれくれます。もちろん、利用するのは完全無料。

保育士ワーカーでは「転職者」と「求人先の保育園・企業」との対応を一人の担当者が行います。

このため、職場に求めるものと企業の求めるもののミスマッチが少なくなるところが特徴です。

HSP保育士さんにとって、このズレが少なくなるところはありがたいですよね。

こんな方におすすめ

  • 登録してからの面談方法を選びたい
  • 会社との面接に同席してほしい
  • 職場の希望を叶えたい

\まずは無料相談/

無料相談はコチラ

保育士ワーカーの公式HPへジャンプします

 

キララサポート保育

キララサポート保育

ポイント

  • 非公開求人を含む5000件以上の求人から、ぴったりな職場を探します!
  • 職場のリアルな情報がわかる!
  • 入職前後の手厚いサポート!
  • ブランクがあってもOK

職場のリアルな情報を教えてもらえることでも有名な『キララサポート保育』。自社で保育園の運営を行っており、全国に60園以上を展開しています。

現在保育士として勤務されている方だけでなく、退職や別の仕事を行っているブランクのある方も相談OK。

転職先とのやり取りをコンサルタントが代行しますので、忙しくてなかなか転職活動に時間がさけない方にもおすすめです。

もちろん、選考対策も実施してもらえるため、履歴書の書き方や面接に不安がある方もご安心です。

こんな方におすすめ

  • 職場のリアルな情報を知りたい!
  • 保育士に転職したいけどブランクがあって不安
  • 転職先とのやり取りをお任せしたい!

\まずは無料相談/

無料相談はこちら

キララサポート保育の公式HPへジャンプします

 

 

HSPは保育士そのものには向いてます

結論としては、HSPさんは保育士そのものには向いていると言えるでしょう

子供や保護者を思う気持ちは大切であり、そんな人が保育士として働くことで幸せな園ができます。

しかし、そのためにはある程度環境を考慮することが大切です。

保育士を「使い捨て」の様に扱う保育園会社も多数あり、激務や長時間労働を当たり前としている保育園もあります。

子供や保護者を幸せにするためには、まずは自分が働きやすい労働環境に置くことが大切です。

もしあなたの職場の労働環境が酷いなら、まずは一度、転職を考えてみてはいかがでしょうか。

HSPにおすすめ!無料で使える転職ツール

コチラではHSPの方にオススメの無料で使える転職支援ツールを紹介します。転職を繰り返してしまう・仕事で上手くいかない人におすすめのツール一覧です。できるなら、すべて登録して損はありません。

グッドポイント診断【リクナビNEXT】

リクナビNEXT

リクナビネクストでは、グッドポイント診断と呼ばれる無料診断がおすすめ。転職サイト・リクナビNEXTにて無料で使用できる【自分の魅力や強み】を発見できるオリジナルツールです。見つかった自分の強みに合わせて、あなたに合った仕事をいくつか紹介してくれます。HSP気質の方で、自分がやりたいことと、出来ることに差があると感じている方や、どの仕事の方向性に向かえばいいかを知りたい時に使いやすいです。

ウズキャリ

既卒・第二新卒向けの転職エージェントのウズキャリ。特徴的なのは求人別にカスタマイズされた面談対策や入社した人からのフィードバックを設定しています。また、紹介企業に対して離職率・労働時間・雇用形態などで厳しい基準を設けており、ブラック企業排除を徹底している就職・転職エージェント。自分の好みに応じて、担当者による個別サポートだけでなく、スクール形式で行う集団サポートも選択することが出来るため、HSP気質の人にとってサポートの方法を選べるのは助かりますよね。また、キャリアカウンセラー全員が元既卒・元第二新卒出身であるため、相談しやすいところもあるでしょう。

年収査定シミュレーション【パソナキャリア】

パソナが運営する転職エージェント【パソナキャリア】

求人件数は50000社以上。様々な職種から希望の職業を選ぶことができます。転職セミナーや相談会も何回も開催されており、入社後の活躍まで支援してくれます。

また、年収診断・年収査定シミュレーションも無料で使うことが可能です。

-HSP

© 2021 NEKOROBI Powered by AFFINGER5