マインド

自分に自信がない!人と比べてしまう時に絶対にやるべき事3選

自分に自信が無い。人と比べてしまう。

誰にだってある事だと思うんですよね。

では、なぜ自分に自信を持てないのか。

自信を持てない時に、あなたはどうすべきだったのか。

 

僕なりの考え方を紹介していきます。

 

自信が持てなかった経験

 

僕自身が感じていた自信の無さは、コトバ現れていたんです。

人前で話す時はどうしても声が小さくなってしまう。

また、何かしゃべっても、語尾が消えるように小さくなる。

 

これは自信が無いことの現れでした。

しかし、声が小さくなってしまうことも、語尾が消えるように小さくなることも、

指摘されるまで、自分自身で気づけなかったんです。

指摘された時は本当に恥ずかしくなったのを覚えています。

 

確か、大学の頃の定期的な研究発表の時でした。

 

自分のコトバが良くないと気づいてから、急に人前で話すことが嫌になってしまいました。

そして、これまで何にも感じなかった仲間のコトバさえも、どこか自信に満ちた言葉に聞こえてしまう。

 

他の人の言葉を聞くたびに

どこか委縮してしまい、緊張してしまい、結局本番になって最大のパフォーマンスを発揮できずに出番を終えてしまう。

 

今思え貸せば、僕の人生はそんなことばかりだったように思います。

 

なぜ自分に自信を持てないのか

自信を持てない理由はただ一つ。

自分を信じることができていないからですよね。

 

自分を信じることができないのは、まだ自分自身の中で確固たる答えを見出せてなく、

疑問が生じているのだと思う。

 

迷う人ほど弱くなる。

有名なマンガでもそんなシーンは多いですよね。

ワンピースやキングダムなんかのマンガでも、悩んでいるときほど負けたり失敗することがある。

 

ここで裏を返してみると、自信がある人というのは迷いが無い人と言えます。

 

例えば、プレゼンではどうだろう。

プレゼンをする時に迷いがあれば、常にそのことは脳裏に渦巻く。

その渦巻は心のどこかに不安を生まれさせます。

その一方で、自分の商品が最強であると、信じてやまない人は自信に満ち溢れているはず。

僕のイメージしているビジネスマンはみんなそんな人を想像する。

 

どこか自分の商品に疑問を持っているビジネスマン。

自分の商品を信じてやまないビジネスマン。

果たしてどっちから商品を購入したいと思うだろう。

おのずとその感情は結果に反映されるはずだ。

 

つまり、自信が持てない理由はカンタンなんだ。

自分を疑ってしまう事。

どれだけ自分を信じられるかによって、自信というものは積みあがっていくものだと思う

 

 

自分に自信がない!人と比べてしまう時に絶対にやるべき事3選

 

では、自信が無く、さらに人と比べてしまう時はどうするべきだろう。

自分が弱くなった時、どうしても人と比べてしまうもの。

そんなときの対処法について記載していく。

 

戦場を変える

これはそもそも論となってしまうが、戦場を変えることは有効な手段だと思う。

人と比べてしまい、どうしても相手を上回る事が出来ず、落ち込んでしまうなら、いっそのこと辞めてしまうのも一つの手。

 

現代においては本来であれば、人と比べるというのは本当につまらねーなって思う。

人はそれぞれ個性がある、得意分野がある、性格がある。

 

人を一つの能力だけで比較するのはもったいない。

今の時代は個人がどのように活動するか、行動するかによって生き方を決められる。

人単位で考えれば、千差万別なんだ。

比較していることはその中のたった一つだけ。

 

その一つの分野で闘えないなら、戦場を変えよう。

本来、比較する必要のないものを比較しているのだから。

 

徹底的に自身を付ける

僕が良く自信を付けられない、不安だ....と感じる時にやるのは、TTY(徹底的にやる)です。

プレゼンが上手くいかないと不安なら、今からプレゼンまでの間、空いた時間をすべてプレゼン準備にかける。

仕事中も、食事中も、トイレ中も全て。

 

大事なのは、『それだけやった』と、自分自身に言い聞かせる事。

自分のことを信じられないのは、結局は自分なんですよ。だったら、最初に説き伏せるべきは自分です。

 

残りの時間全てを費やして準備したのなら、もうそれ以上の準備は無い。

物理的にそれ以上上手くなるはずが無い。

 

そう考えると、上手くやろうという気持ちは無くなりました。

どれだけ頑張ったって、それ以上はならないのだから。

 

そう、言い聞かせることが大事です。

 

本気で比べる、分析する

僕が良くやっていたのは、人と比べてしまう....と、言いつつも、

その比較対象の人はほとんど見ていなかった...ということもあります。

 

どういうことかというと、人と比べて自分より勝っている...と感じた瞬間に相手はとてつもなく大きいように見えます。

その後は、自尊心を守るために、出来るだけその人を見ないようにする心理が働くはず。

つまりは、目を背けてしまうんです。

 

そういった苦手を克服したのは、相手を良く分析した時です。

プレゼンで人より劣っていたのなら、『なぜ劣っているのか?』『どこを改善すればよいのか?』これ研究するべきです。

もちろん、自分に自信も無いのに、自分を見つめなおすのは酷な事。

 

しかし、それをやることによって、自分の未熟な部分を再任し出来ます。

プレゼンなら、自分の動画と、スティーブジョブズの動画を比較してみてはいかがでしょう。

 

『自分に自信をがない』を克服する方法まとめ

以上、自分に自信が無い、人と比べてしまう場合の対処法について記載しました。

念を押すようですが、本当に大切なのは自分自身を信じることです。

まずは、今の状況を許してあげましょう。

そこから、どう対策を立てていくか、自分自身のコトバに向き合って進めていきましょう。

 

-マインド

Copyright© NEKOROBI , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.