HSP

HSPに向いてる仕事おすすめ10選!職業の探し方と自分に合った仕事の見つけ方【繊細さん向け】

自分ができる仕事って何だろう...

自分がHSPだと知ってから、一気に自分にできる仕事の幅が狭まったように思います。

実際、職場なんて配属ガチャなので、付き合う人や環境によって左右されてしまうもの。

外からじゃ分からない部分も多いんですよね。しかし、そうであっても働かなくてはならないため、ギリギリまで自分にできる仕事を探したいですよね。

今回の記事では、僕の経験を元に、HSP・繊細さんにとってオススメの向いてる職業や仕事について紹介します。

 

HSPの適職・向いてる仕事の探し方3選

では、まずはHSP気質の人の適職・向いてる仕事の探し方についてです。

HSPの人にとって仕事探しは最も大切なもの。これまでいくつかの仕事に就いてきましたが、そんな中でHSPにおすすめの仕事選びの基準は以下となります。

 

HSPにおすすめの仕事選びの基準

  • 自分がやりたいと思うこと・楽しいと思うこと
  • 心が落ち着ける職業
  • 人間関係が良いこと

 

ざっくりこのような感じです。

順に説明しましょう。

①自分がやりたいと思う事

まず、HSP気質の人に向いてる仕事を見つけるには、自分がやりたいと思うことを明確にしましょう。

”好き”を仕事にするのは難しいと言われがちですが、自分がやりたいと思うことは別です。

これまでの人生を振り返った上で、こういう仕事が楽しかった、こういう出来事が嬉しかった。そういった経験が少なからずあるかと思います。

僕は結構コツコツ何かを作り合げる時に楽しいと感じました。こういうのが向いているんだと思います。

 

と、思うかもしれませんが、それは今のネガティブな気持ちに押されてしまっているだけ。

しっかりと一つ一つ掘り起こしてみると、「そういえば...」と思うものが出てきます。

 

メモ

ちなみに僕の場合は、どうしてもサラリーマン生活を抜け出したかったので、副業でブログを始めました。

副業なので、時間がない中で大変だったのですが、それでもアクセスが徐々に集まってくることが嬉しかった。

そんな経験から、サラリーマンを辞め、フリーランスとして活動した後、さらに知識を集めるためにマーケティング会社に就職しました。

少しでも面白いな..って思った経験があれば、それはあなたのやりたい事に繋がり、仕事にも繋がる可能性があるんです。

 

②心が落ち着ける職業

次にHSP気質の人が向いてる仕事を選ぶ基準として、大切なのは心が落ち着ける職業です。

職場環境というよりも、職業と言い換えた方が良いかもしれません。HSPさんにとって「ノルマ」や「期限」などに追われる仕事は不向き。

もし転職などで仕事選びをする場合には。HSPさんにとっては選ぶべきでない職業となります。

僕の場合は期限に追われることは自分自身のパフォーマンスが著しく下がります。場合によっては正常に考えることができなくなる日も。

人によって仕事でのストレスの感じ方はそれぞれですが、そんな職場環境で働くのは辛いですよね?

なので、仕事選びをする時には、職場環境を大切にしましょう。ある程度心を落ち着かせることができる職業を選ぶように心がけましょう。

③人間関係が良いこと

仕事選びの段階ではほとんど見えてこない職場の人間関係。そして、どんな人が職場にいるか?と言う事。

HSP気質の人が仕事を続けるうえで最も大切ですよね。残念ながら人間関係については配属ガチャと呼ばれるほど「運」によるため、仕事選びの段階で見極めることは難しいでしょう。

ただしかし、会社の雰囲気から見ることはできるかと思います。

ノルマが厳しい会社、ベンチャー企業、営業がメインの職場、深く考えることが無い仕事。

会社の名前ややっている事業だけでも、判断は可能なのではないでしょうか。

事業や職業の名前や内容だけでも、自分に向いているかどうかも判断できますよね。

もし、それでも自分に向いてるか不安な場合は、あえて社内の人とコンタクトを取って会話するようにしましょう。

もちろん、会社にはいろんな人がいます。とはいえその会社の人事がどのような人を採用しているかは複数人を見るだけで見えてくるかもしれません。

 

HSPが向いてる仕事を見つけるには「やりたいこと」を書き出そう

HSPの仕事選びで迷ったら

さて、HSP気質の人は向いてる仕事の探し方は分かったとしても、やっぱり仕事選びで迷いますよね。

上記の項で仕事選びには「やりたいこと」や「楽しいと思う事」が大事だと記載しました。

では、その「やりたいこと」はどのように見つけるべきなのかを紹介します。

それは、紙に書きだすこと。今の自分が仕事を選ぶ時にどんなことをやりたいかを書き出してみましょう。

それは仕事のジャンルで書くのではなく、より具体的に書いていきましょう。

  • 日常的にパソコンを叩くことは嫌。
  • 人と頻繁に話すことは嫌
  • スピードを求められることは嫌。
  • 何かを作って嬉しくなることが好き。
  • 集中して何か素敵なモノを作るのが好き
  • 動物と戯れるのが好き

少し恥ずかしいですが、僕が瞬間的に思った好きなことや嫌な事です。(笑

ただ、こういうことでOKです。どんな仕事が嫌か?では無く、どんな行動が嫌なのかなどで書いていきましょう。

思いつかない場合は、過去の体験から記載していくのが一番です。まずは、ここ10年、年単位でどのような事が起こったかを洗い出してみる事。

そこから、こんなことが嫌だった、こんなことが楽しかった...ということを見つけてみるのがオススメです。

こうやって、好きと嫌いを洗い出した上で、自分に向いてる仕事探しをすると、自然と自分に合った仕事が見つかるようになりますよ。

 

ちなみに....自分の事は自分が一番わかっている!...という人もいますが、それは間違い。

自分が他人からどう思われているか、どのように見られているかは自分自身が一番見えていないものであり、過去の出来事程忘れていることが多いです。

なので、一度は過去の出来事をふりかえってみることが大切なんですね。

 

【HSP】仕事したくない!無理に頑張る必要は無いんじゃない?

「仕事をしたくない」そう考えるHSPの人も多いのではいないでしょうか。 恐らく、この記事を読んでいるあなたは「仕事をした ...

続きを見る

 

HSPに向いてる仕事はこんなジャンル

人と関わらない少人数の仕事

人と関わらない仕事は比較的HSP気質の人に向いてると言えます。例えば、少人数制の会社に入るとか、リモートワークをするとか。

人と関わることでよりその人の情報量が多くなるため、気を使ってしまったりして仕事に支障が出やすいんですよね。

人と関わることが無いと、比較的、相手の気持ちを察するタイミングは少なく済むのでオススメです。

ただし、少人数制の会社に入る際はじっくりと職場と働いている人を見る事。

もし仮にその少人数の職場で働いて、その中に一人でも「怒りっぽい人」「少し嫌だなって思う人」がいたら、より強いストレスを感じてしまうことも。

僕の場合ですが、その環境だとたくさんの人がいる職場よりも辛いと感じることがありました。参考にしてみてください。

もし、リモートワークの仕事を探すなら、リモートビズがオススメですよ。

リモートワークの仕事をメインに紹介しているので、HSPさんにとって働きやすいかと思います。

リモートビズの評判や口コミを調査!リモートワークで人と会わずに仕事するなら

この記事ではリモートビズと呼ばれるリモートワーク専門のエージェントの口コミや評判を紹介します。 ここ最近では、外出自粛な ...

続きを見る

 

動物と関わる仕事

動物と関われる仕事はHSP気質の人に向いてると言えるでしょうHSP気質の人は猫や犬など動物好きな人が多いようです。

僕も動物が大好きです。

なんとなくですが、愛情表現が分かりやすかったり、何を考えているか分からないと言ったことも無く、ストレートに気持ちが分かりアピールしてくれるところが良いのかも。

特にHSP気質の人の場合、相手を気遣うために優しい人が多いですよね。動物に優しくしてあげたいって思う人も多いでしょう。

また、動物からは癒しをもらうことができます。

そういう意味では、HSPの人にピッタリの仕事は動物と関われる仕事なのかもしれません。

 

クリエイティブな仕事

クリエイティブな仕事もHSP気質の人に向いてる仕事と言えるでしょう。

クリエイティブな仕事とはつまりは、何かを新しいものを作る人と考えています。

例えばライターとなって文章を書いたり、またはフォトショップやイラストレーターなどでイラストを描いたり。

知り合いのHSPでは、そうやって好きなことを見つけてフリーランスになって活動する人も多いものです。

こうやってあえて組織に属することなく、働き方を見直していくのも、良い考え方かもしれません。

芸術、音楽、作家などいろいろな分野で表現すること(芸術家の方がいいのでしょうか)他の人には見えない世界、聞こえない世界、感じない世界を感じとる特性を逆に生かして、唯一無二の世界観を伝えることが出きるとおもいます

イラストレーター。HSPの人は感受性が強く芸術家気質の方が多いのでイラストレーターのような個性を発揮できるクリエイティブな仕事はぴったりだなと思いました。また、在宅勤務がしやすい職種なので独立できれば人と関わる機会も少なくなると思います。

 

 

HSPの仕事でおすすめ10選まとめ

HSPにおすすめの仕事10選

 

それでは、具体的にどんな仕事がHSP気質の人に向いてるのか、どんな仕事がおすすめなのかを紹介していきます。

コチラで紹介するのは以下の職業です。

HSPにおすすめの仕事10選

  1. カウンセラー
  2. 介護士など人の役に立てる仕事
  3. 図書館司書
  4. フラワーデザイナー
  5. 生き物の世話をする仕事
  6. 作家
  7. 看護師
  8. 研究職
  9. 整体師
  10. ブロガー

 

①カウンセラー

人の気持ちを空気で感じてしまう...と言うのがHSPさんの悩みであり、特徴ですよね。

通常であればそれがネガティブに作用するものですが、これは実は通常の人には無い特別な「能力」なんですよね。

その特性をしっかりと生かせる仕事は「カウンセラー」のお仕事です。

カウンセラーは様々な悩みを受け止めて解決方法を示すお仕事ですが、HSPは相手の気持ちがなんとなくわかることから、相手がその状況でどんなことを言ってほしいか、どういう言葉をかけてほしいかが分かるというのは適職ですよね。

他者への細かな配慮が自然とできるだけでなく、仕事としての喜びを得やすいのではないでしょうか。

また、同じような悩みを抱えた人と対面で話す時、客観的に意見を言えたり寄り添ってあげることができるのがHSPです。

HSPである本来の実力が最も発揮できる職種であると思います。

 

②介護士など人の役に立てる仕事

介護士など、人の役に立てると実感できる仕事がオススメです。

僕が個人的に人の役に立ちたいと思う気持ちもあるのですが、HSPは人の気持ちが分かる感性に優れているため、人が気づかないところに気づけたり、それによって「ありがとう」と言われる仕事はとてもやりがいがありますよ。

問題点は「激務」で「薄給」の場合が多いです。

僕の知り合いの人も激務に悩まされていました。僕が最初に転職を考えて見つけた仕事が介護士だったのですが、仕事内容に寄りますが無資格・未経験でも可能です。

「自分でもできる仕事...」と転職を考える際に目に付きがちですが、激務は大丈夫か、その給料で過ごしていけるのかどうかは考えて行動しましょう。

 

③図書館司書

HSPの肩には図書館司書がオススメです。

刺激がとても少ない環境の中自分のペースで仕事ができ、人に妨害されたり、営業職でもないので、気遣いして疲れたりすることもありません。

ルーチンワークでありながら、知的興味は満たすことができるので、飽きのこない仕事です。

同様の環境であれば、小さな美術館であれば、美術館員でもいいのかもしれません。

 

④フラワーデザイナー、フラワースクールの先生

HSPの方はフラワーデザイナーなどがオススメです。花や自然を扱う仕事は日常的に癒しを感じることができます。

HSPの人は、常に触覚がむき出しの状態、そのため、様々な情報を受け取りやすく、人一倍情報を受け取るからこそ疲れやすいもの。

花などを扱うことで、毎日がゆっくりと流れていくようになり、自然と心も落ち着くでしょう。

 

⑤動物園や植物園や水族館など、生き物の世話をする仕事

動物園や水族館で世話をするお仕事も向いてるのではないでしょうか。

感覚や鋭く、変化に気づきやすい特徴を生かせるように思います。

なぜなら、言葉を介しない動物や自然相手でも、些細な変化に気づけるのは最大の長所。

また、人混みや雑踏が苦手な人でも、静かな環境で仕事もできるのも適正が高いのではないでしょうか。

 

⑥作家

作品は小説、エッセイ、その人の得意とするジャンルでの執筆作業がぴったりだと思います。

日々の暮らしの中で様々なことを多く感じ取っているものを文章で表現することで形にすることができます。

いろいろな人と長い時間コミュニケーションをとると疲れてしまうところがあるので自分一人の時間を持ち感覚を表現することはとても向いてると思います。

⑦看護師

HSPの方にとって看護師は比較的マッチします。

HSPの方は共感力が高く、本心として人のために役立ちたいという思いがあります。そのため、「ありがとう」と言ってもらえる環境ってとても嬉しいんですよね。資格を持って働くことから自己肯定感を高めることも期待できます。

しかし、看護師には複数の働き方があり、場合によってはマイナスに働くこともあるんです。そのため、急性期病棟などではなく、クリニックがおすすめ。

あまりに夜勤などの不規則な生活が続いたり、患者さんの辛い状況に近い場所にいると、自分自身も辛くなってしまうので注意が必要ですね。

【HSP】看護師が辛い向いてない。転職を考えた時の向き合い方

HSPさんの中でも、「看護師」のお仕事をしている人が実は多いんです。 そのため、辛い・向いてないといった気持ちから転職を ...

続きを見る

 

⑧研究職

研究職のようなものはよいかと思います。突き詰める力などはきっとほかの人よりもたけている部分の一つだと思うからです。

ひたすら、自分の目標に向かって取り組むということは得意分野であると思うので、向いてるのではないでしょうか。

⑨整体師

人をケアする職業。整体師やマッサージ師など。

理由は、HSPの人は人の細かな変化(声のトーン、表情、体の動き)に気づくことができるため、そういったところを指摘したり、それに対して動くことができる。そして、そのことに関して感謝してもらえると大いにやりがいに感じるから。

 

⑩ブロガー

さて、僕がHSPの方に最もオススメしたいのがブロガーです。

ブログは顔出しをすることも無く、自分が好きなモノや好きなことを発信する場として使用できます。

また、広告を貼りつけることによってお金を稼ぐこともできることは、ツイッター等をやっている人なら既にご存知ですよね。

ブログで最も必要なのは以下の3つです。

  1. 発信したい気持ちがあること
  2. 悩みを解決できた経験を共有する事
  3. 継続する事

これらの事を守れば、ブロガーとして稼ぐことができます。

ブログに関する基本的な知識はGOOGLEが教えてくれますし、必要なら僕のTwitterを見ていただければと思います。

今すぐ転職...では無く、1年後、2年後を考えて精神的に安定したいのであれば、ブログはオススメですよ。

 

 

HSPで天職を見つけようとすると泥沼にハマる

ヒトにはそれぞれ能力や個性があり、天職というものがあります。

しかし、これまでに天職について人にどうやって自分に合う仕事を見つけることができたのかを聞いてみると、ほとんどの人は口をそろえてこういいます。

「たまたま」「運が良くこの仕事になった」

そんなわけない,,,と思いたかったですが、これまでに天職を見つけに転職した人に聞いてみると、本当に良い仕事に就けた人は至極稀な事。

つまり、自分の天職となる仕事を見つけなくては!...と探していても、天職に付けるわけでは無いのです。

なので、HSPの方で、自分に一番いい仕事を見つけよう...としてもなかなか見つからなくて辞めてしまう...というのは十分にあり得ることなので、覚えておきましょう。

個人的には、天職を見つけるよりも、自分がメンタル的に楽に仕事ができる職を探すことに注力しましょう。

 

【HSP】仕事したくない!無理に頑張る必要は無いんじゃない?

「仕事をしたくない」そう考えるHSPの人も多いのではいないでしょうか。 恐らく、この記事を読んでいるあなたは「仕事をした ...

続きを見る

 

HSPに向いてない仕事は営業職

では、次にHSPにオススメできない仕事を紹介します。

ズバリ、営業職などのノルマが期限が厳しい職業です。

個人的には営業職には憧れを持ち、バリバリ仕事ができればなぁと考えていた時期もありました。

しかし、営業にはノルマもあれば人と関わることは必要な職業。また、期限にも追われる可能性のある仕事なんです。

もうお分かりかと思いますが、HSPにとってはなかなか相性の悪い仕事なんですよね。

僕は人と関わることは好きではあるものの、相手の意見に流されてしまったり、相手の気持ちを窺ってしまったりします。

仕事を急かされたり、ノルマのプレッシャーをかけられた時には頭が真っ白になってしまうことも。

こういうことを考えると、営業職には向いていないことが分かりました。

恐らくHSPは性格や能力の一つであるため、全ての方が上記に当てはまるとは限りませんが、参考になればと思います。

ノルマが厳しい具体的な職業

  1. 営業系の仕事
  2. 保険や不動産などのノルマがある仕事
  3. 外資系企業や勢いのあるベンチャーの仕事

 

 

HSPは適職・適性診断サービスを利用するのもおすすめ

HSP気質の人が転職する際・もしくは向いてる仕事を探す際は悩んでしまうもの。

そんな時のために、自分がどのような職種・職場に向いているのか?というのを相談し、知っておく必要があります。

中でも、適職・診断サービスを受けると自分の適職が分かる事でも有名。自分にはどんな仕事が向いてるのかを知りたい方は一度トライしてみましょう。

ここではHSP気質の人が使うべき転職ツールについて紹介します。

①グッドポイント診断【リクナビNEXT】

リクナビNEXT グッドポイント診断

HSPさんの転職時に必ずと言ってよいほど必要なのは性格分析。

同じHSPでも性格は人それぞれ。コツコツ仕事をするのが得意な人もいれば、人と話すことを苦手としない人もいます。

そのため、まずは自分自身がどのような事を得意とし、苦手としているのかを把握することが大切です。

 

リクナビネクストでは、グッドポイント診断と呼ばれる無料診断がおすすめ。転職サイト・リクナビNEXTにて無料で使用できる【自分の魅力や強み】を発見できるオリジナルツールです。

無料で診断が可能であり、その性格診断の結果からあなたにあう職種まで紹介・実際に求人を見ることも可能です。ネット上で30分間の診断で自分の5つ強みとそれに合った仕事をいくつか紹介してくれます。

HSP気質の方で、自分がやりたいことと、出来ることに差があると感じている方や、どの仕事の方向性に向かえばいいかを知りたい時に使いやすいです。

 

リクナビNEXT公式HP

 

②適職をディグる!ジョブリシャス診断【マイナビ転職】

マイナビ転職の「適職をディグる!ジョブリシャス診断」がおすすめです。

HSP気質の自分を簡単に見つめなおすという点でとても使いやすく、役に立ったと好評のツール。

適性診断というものは他のサイトでも受けられますが、なかなか集中力が続かない人も。

しかしこのジョブリシャス診断は20問という少ない質問数なので気軽に受けれることができ、なおかつ自分の性格を的確に細かく診断してくれます。

結果を元に、自分に向いている仕事も細かく説明してくれるため、新しい自分の一面やどんな仕事が向いているのかが分かります。

視野を広げるという意味でもオススメのツールです。

 

⑤自己PR発掘診断【doda】

転職サイトdodaでは自己PR発掘診断のツールが使いやすく、おすすめです。

自己分析をしっかり行うことで、あなたにとって働きやすく、キャリアアップを狙えるような会社を理解することができます。

HSPといっても様々な性格があるため、正確に自分の性格を認識して仕事選びを行う必要があるでしょう。

自己PR発掘診断は

  • 何をどのように分析にすれば良いか、
  • その結果、自分に合う企業がどこなのか

そんな状態のHSPさんに重宝されるツールです

 

 

HSPで向いてる仕事に就きたいケド行動できない人へ

HSP気質の人はどうしても自分よりも会社や人の事を優先しがち。

しかし、この記事を読んでいるあなたはおそらく、今の職場でつらい状況にあるのではないでしょうか。

人には向いてる仕事と向いていない仕事があります。気持ちがいっぱいで辛いなら、仕事を見直してみてはいかがでしょう。

でも職場の人に迷惑をかけてしまう...って思ってしまうよね

仕事が辛いのにも関わらず、今の職場に固執し続けるのはあなたにとって良くありません。

もちろん、仕事を辞めることは職場の人も大変になるでしょう。しかし、残念ながらあなたがいなくても会社は回ります。酷な言葉ですが、会社はそのようにできているんです。

そして、あなたは今の職場よりももっと輝ける場所があるかもしれないんです。

そのため、一つの職場に拘ってしまうのはそのチャンスを不意にしてしまっている...とも言う事ができます。

どうしても何かの理由で辞めることができないのであれば、退職代行サービスに相談してみましょう。

別に今すぐ辞める必要なんてありません。まずは自分の仕事状況を相談してみるコト。そして、辞めるべきか辞めないべきかを判断してもらいましょう。

退職代行の中には転職先のサポートをしてもらえる業者もあります。

【HSPで退職するのが怖い人へ】仕事を辞める時に失敗しないための方法を紹介

繊細で傷つきやすいHSPさんの場合、退職することを怖いと感じがち。 退職しようと思っても、人の目やタイミングを気にしすぎ ...

続きを見る

 

HSPは転職エージェントを活用して仕事選びをしよう

HSPで転職を考えているなら、転職エージェントを使うことをオススメします。

転職エージェントはあなたの転職活動をサポートしてくれるもの。

転職エージェントについては大手は基本的には同じようなサービス内容ではあります。

なので、ある程度の大手転職エージェントは登録しておいても良いでしょう。

 

しかし、個人的には大手サイトを利用した場合に「オススメ」として提案される職業はこれまでの仕事と何が違うのか?がハッキリしませんでした。

確かに大手の転職エージェントは登録企業も多いし、サービスが充実しているものの、そこから自分にぴったりの企業を「選ぶ」となると難しいもの。

前述しましたが、HSPの人にとって職場選びで大切なのは、自分がやりたいと思う事・職場環境がよいこと・人間関係が良いことです。

なので、実際には大手企業などは職場の様子も見れなければ、人間関係もストレスなく働ける...というのは現実問題として難しいでしょう。

個人的には大手の転職エージェントよりも業種に特化した転職エージェントがオススメです。

業種に特化させて、出来るだけ大手の企業は避けましょう。

できるだけ職場の様子が分かる事、どのような人が働いているのかが分かるくらいの人数の少ない企業で働くのがオススメです。

 

HSPの転職エージェントおすすめ5選!繰り返す転職失敗から抜け出すために

HSP気質のあなたは自分に向いている適職に付いて知りたい、転職で失敗したくないと考えているのではないでしょうか。 HSP ...

続きを見る

 

 

HSPは自分に合う仕事で輝ける

さて、今回の記事で伝えたかったこととしては、HSPの仕事選びは諦めない事です。

HSPの特徴として自分に責任を押し付けがちというところがありますよね。

  • こんな自分だからいい仕事なんて見つからない。
  • もっと仕事できるようにならないと採用してくれる会社なんて無い
  • 仕事がダメなんじゃない、自分がダメなんだ

そうやって追い込んでしまってはいませんか?

僕の経験からお話しすると、上記の様な考えは全否定したいです。

というのは、本来の能力があるのにも関わらず、人付き合いや人間関係、そして仕事のプレッシャーによって、あなた自身の能力が潰されてしまっている可能性が十分にあるのです。

ストレスは、思考や行動に悪影響を与えます。

HSPの場合は、職場環境を変えるだけで大きくストレスフリーになり、大きく能力を発揮できることだってあります。

なので、まずは自分のせいにするのではなく、環境を変えることをやってみましょう。

そして、職場で働くのに苦手意識を持ったのであれば、フリーランスになることも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

HSPにおすすめ!無料で使える転職ツール

コチラではHSPの方にオススメの無料で使える転職支援ツールを紹介します。転職を繰り返してしまう・仕事で上手くいかない人におすすめのツール一覧です。できるなら、すべて登録して損はありません。

グッドポイント診断【リクナビNEXT】

リクナビNEXT

リクナビネクストでは、グッドポイント診断と呼ばれる無料診断がおすすめ。転職サイト・リクナビNEXTにて無料で使用できる【自分の魅力や強み】を発見できるオリジナルツールです。見つかった自分の強みに合わせて、あなたに合った仕事をいくつか紹介してくれます。HSP気質の方で、自分がやりたいことと、出来ることに差があると感じている方や、どの仕事の方向性に向かえばいいかを知りたい時に使いやすいです。

ウズキャリ

既卒・第二新卒向けの転職エージェントのウズキャリ。特徴的なのは求人別にカスタマイズされた面談対策や入社した人からのフィードバックを設定しています。また、紹介企業に対して離職率・労働時間・雇用形態などで厳しい基準を設けており、ブラック企業排除を徹底している就職・転職エージェント。自分の好みに応じて、担当者による個別サポートだけでなく、スクール形式で行う集団サポートも選択することが出来るため、HSP気質の人にとってサポートの方法を選べるのは助かりますよね。また、キャリアカウンセラー全員が元既卒・元第二新卒出身であるため、相談しやすいところもあるでしょう。

年収査定シミュレーション【パソナキャリア】

パソナが運営する転職エージェント【パソナキャリア】

求人件数は50000社以上。様々な職種から希望の職業を選ぶことができます。転職セミナーや相談会も何回も開催されており、入社後の活躍まで支援してくれます。

また、年収診断・年収査定シミュレーションも無料で使うことが可能です。

-HSP

Copyright© NEKOROBI , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.