退職代行

退職のススメの口コミ評判は?池田奈々さんに直接相談することはできる?

退職のススメ

退職のススメの口コミ評判が気になりますね。

退職代行に依頼したいと考える時、それなりに安全な退職代行業者に依頼したいもの。

安全に辞めるためには、依頼前にしっかりと退職代行業者について調べておくことは大切です。

今回の記事では、退職のススメの口コミ評判について記事にしてみましたので紹介します。

 

退職のススメとは?

まずは退職のススメについて紹介しましょう。

退職のススメのサービスの概要や基本的な特徴を以下の表にまとめてみました。

サービス特徴 対応
運営元 民間企業
金額 25000円(安い)
追加費用 無し
会社との交渉 可能?
実績 10000件以上?
即日退職
対応時間 24時間
相談回数 無制限
返金保証 あり
支払い方法 現金(✖カード)
転職サポート 無し

退職のススメを調べてみると、基本的なスペックはかなり良いもの。

この表だけを確認すると優秀な退職代行業者ですが、気になる点がいくつかあったのでリサーチしてみました。

 

退職のススメの特徴や疑問に思ったこと

人材会社が運営する退職代行サービス

退職のススメは人材会社が運営する退職代行サービスとのこと。

会社名を確認すると、「株式会社ワークナビ.com」と呼ばれる会社のようです。調べてみると確かに全国各地に拠点を持つような人材派遣会社の様子。

代表者は「久保田 長成」さんというようですね。

料金が安い

後に比較しますが、退職のススメの料金はかなり安い。一般的な退職代行の費用は30000円くらいですが、退職のススメは25000円と通常よりも5000円ほどオトク。

しかも追加料金が無いところはありがたいですよね。

さらには、再就職サポートを使用した場合には、全額キャッシュバックされるため、実質0円で退職が可能ということになります。

 

交渉が可能?

「退職のススメ」のHP内にはいくつか「交渉」というキーワードが見つかっています。

何でも、退職のススメでは独自に労働組合を結成しているとのこと。

本来、退職代行業者では有給等の取得について会社様と交渉することはできません。しかし、弊社は独自に労働組合を結成しておりますので団体交渉という形で会社様と交渉することが可能です。

(引用:退職のススメ公式HP)

しかし、現時点でどのような名前の労働組合なのかは分かっていません。

ポイント

基本定に会社と交渉をする場合には、弁護士に依頼するか労働組合の退職代行に依頼する必要があります。そして、労働組合の場合は、依頼するあなた自身が労働組合への加入が必要です。

一般的な労働組合は設立が難しいもの。そのため、労働組合を設立した場合には名前を公開するのが基本です。しかし、退職のススメではどこを探しても労働組合の名前が公開されていません。

名前が公開されていない労働組合に加入するのは大丈夫なのかな...?

ちなみに、筆者が電話で退職のススメに労働組合の名前に問い合わせたところ、「こちらオペレーターですので詳しい内容はLINEにてお問い合わせください」とのことでした。

実際にLINEでも聞いてみましたが、「退職代行ユニオン」という名前であり、HP等は公開していないとのこと。具体的な事務所の所在地なども分からない状態でしたね。

 

同じ労働組合の退職代行でも、退職代行ガーディアン等は所在地などがしっかりと公開されています。

退職代行ガーディアン 口コミ評判
退職代行ガーディアンの口コミ評判!流れはどうなる?労働組合が弁護士より安く安全に使えるホントの理由はコチラ!

会社を辞めたい・仕事を辞めたい時に、『退職代行』を使うことを一度は考えたことがあるのではないでしょうか。 今回の記事では ...

続きを見る

弁護士の名前が公開されていない

退職のススメでは、「弁護士の監修」の記載がありました。

弁護士監修なので安心して退社できます。万が一会社側とのトラブルが起きても弁護士がサポートします!

(引用:退職のススメ公式HP)

上記の記載内容を確認する限りでは、「辞める会社と何かしら問題が起きた時に弁護士が対応する」という表現に思います。

しかし、現時点で弁護士の名前は公開されていません。弁護士の名前が公開されないのはよくあることですが、名前が無い分少し不安ですね。

 

担当者を指名できる?

退職のススメでは、スペシャリストとなる担当者が顔出しで公開されていました。ネット上では池田さんが人気のようですね。

ただ、電話にて問い合わせたところ、こちらで担当者を指名できるものでは無いようです。

退職のススメの方で担当者を決め、その人が対応してくれるとのこと。

直接、自分がお願いしたいスペシャリストに依頼できるわけでは無さそうですね。

 

退職のススメの料金を他社と比較

では、退職のススメの料金を他社と比較してみましょう。

POINT:退職代行の比較

退職代行業者 料金 運営元 交渉 即日退職
退職代行ガーディアン 29,800円 労働組合
退職代行SARABA 25,000円 労働組合
男の退職代行 29,800円 労働組合
退職のススメ 25000円 民間企業
退職代行Jobs 29,800円 民間企業 ×
退職代行辞めるんです 27,000円 民間企業 ×
退職代行NEXT 33,000円 弁護士
弁護士法人みやび 55,000円 弁護士
アディーレ法律事務所 77,000円 弁護士 ×

現時点で、退職代行サービス「退職のススメ」では、労働組合に加入していると記載がありますが、運営している会社は民間企業となります。

そのため交渉が本当にできるかどうかは微妙なところ。そのため、△で記載しております。

 

他社との比較では、退職のススメの料金はかなり安い方と言えるでしょう。

サービスの内容としては充実している様に感じますが、少なからず不安を覚えるのが正直なところです。

\全国の退職代行30社の料金比較/

料金で選ぶ!退職代行の金額値段をランキング比較!安いサービスの選び方!

退職代行を費用や金額だけで選ぼうとすると、失敗する可能性が高いので注意しましょう。 過去に退職代行に依頼して、結局辞める ...

続きを見る

 

退職のススメの支払い方法

退職のススメでは、公式HPには支払い方法についての記載がありません。

電話にて尋ねてみたところ、クレジットカードは対応していないとのこと。

現在のところは銀行振り込みのみ対応している様で、取扱銀行はPayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)のようですね。

 

そのため、銀行の営業時間外に退職代行を依頼する場合は、銀行の振込明細の画像などを送付して、対応していただく形になるかと思います。

 

退職のススメの口コミ評判!

仕事を辞めようとしたところ、引き止められて辞めることができませんでした。そのため、退職のススメに依頼したところ、今まで止められていたのがウソのように簡単に聞き入れてもらえました。
とにかく上司や同僚とは顔を合わせることなく仕事を辞めたいと思い、退職のススメに依頼しました。結果、その希望を第一に考えてもらったので満足しています。会社から借りていた備品の返却や書類の整理なども全て請け負ってくれました。
退職代行のススメに代行に入ってもらったら、今まで引き止められていたのがウソのように簡単に聞き入れてもらえました。失業保険の支給の仕組みや申し込み方法の相談にも乗ってもらえて満足している。

 

退職のススメの依頼の流れ

退職のススメの依頼の流れは以下となります。

1.電話かメール、LINEにてご相談

最初に電話・メール・LINEで退職についての悩みを相談しましょう。

筆者が電話したところ4コール程で電話に出てもらいました。

2.申し込み

サービスについて納得したら、代行費用の決済を行います。

退職のススメではPAYPAY銀行への振り込みのみ対応しています。

決済後に追加費用が発生するということはありません。

3.退職代行の実行

決済が完了したら、退職代行の実行が行われます。

退職完了までの間は、特に会社とのやり取りを行う必要は無く、待っていれば大丈夫とのことです。

 

\退職代行の流れについて詳しくはこちら/

退職代行 流れ
退職代行の流れが知りたい!初めて利用する人向け退職の手続きや方法をゼロから一つずつ教えます

退職代行の流れについて紹介します。 退職代行にはSARABAやEXIT、ニコイチ等のサービスが有名ですが、利用する前に全 ...

続きを見る

退職のススメに依頼して大丈夫?

以上、退職のススメについて調べ、口コミ評判を元にまとめてみました。

ポイント

  • 口コミはそこまで悪くはない
  • 労働組合を結成しているとのことだがHPや住所は公開されていない
  • 一応弁護士はいるらしい
  • 交渉は難しそう

筆者が訪ねてみた限りでは、少し頼りない感じの印象を受けました。

実際に退職代行は行ってもらえそうですが、交渉を行っているかどうかは不明なところです。

なので、退職のススメはほぼ民間企業としての位置づけになるように思います。

 

退職代行を使うと言っても、やはり「損をしたくない」ですし、「トラブルなく安全に辞めたい」という希望があるのではないでしょうか。

実際、数年間働いた後に退職すると、いくらかの退職金はもらえるようになります。また、残業が多すぎて辞めたいという場合には、残業代もかなりの金額になるでしょう。

そんな状態で残業代を手放すのはあまりにも痛手ですよね。

それらの給料報酬についてもしっかりと請求できるのは、弁護士か労働組合の退職代行になります。

民間企業では、あくまでも「意思を伝えるだけ」となりますので、ご注意ください。

 

また、トラブルなく辞めることができるのは、会社との交渉ができること。

会社に退職を断られた時でも、交渉権があれば、退職について強く求められます。この交渉権を持つのも弁護士か労働組合になります。

  • 弁護士:弁護士資格を持つため、交渉が可能
  • 労働組合:団体交渉権を持つ労働組合の退職代行

※それぞれ、弁護士についても労働組合についても、身元がはっきりしているところを選ぶようにしましょう。

弁護士か、労働組合から連絡が来たら、会社だって身構えるし、しっかりとした対応をしなくては...と思いますよね。

立場上の効果があるのも弁護士と労働組合の特権です。

 

また、費用を抑えたいのであれば、労働組合がおすすめです。

労働組合の退職代行の場合、民間企業と同じくらいの金額で退職代行の依頼が可能です。

弁護士の労働組合に依頼する場合、基本的に着手金で10万円ほど、成功報酬で10万円程を取られるケースが多いです。

そのため、労働組合に依頼すれば、費用を抑えて安心して退職することが可能ですよ。

\全国の退職代行30社の比較はこちら/

退職代行ランキング比較!金額料金が安く口コミ評判が良い会社を徹底比較!【2021最新】

今すぐ辞めたい!とにかく明日から仕事に行きたくない! 職場でそんな思いが溢れた時に利用すべきなのが退職代行サービスです。 ...

続きを見る

 

退職代行おすすめTOP3

1位:退職代行SARABA

労働組合の中でも最安値。また、業界で不動の人気を誇る労働組合の退職代行SARABA。 即日対応・即日交渉ができるだけでなく、退職後の転職サポートについても充実。
費用:25000円

退職代行SARABAのHP

2位:退職代行ガーディアン

東京労働経済組合が運営する退職代行ガーディアン 企業との有給消化や未払いの残業代請求などの交渉が可能であり、今最も人気のある退職代行サービス
費用:29800円

退職代行ガーディアンのHP

3位:退職代行Jobs

顧問弁護士の西前啓子先生が監修しており、労働組合『合同労働組合ユニオンジャパン』が連携。 会社との交渉はもちろん、退職者のカウンセリングにも力を入れている退職代行。
費用:27000円

退職代行JobsのHP

-退職代行

© 2021 NEKOROBI Powered by AFFINGER5