退職代行

退職代行EXITの口コミ評判!刺青社長で有名?失敗したケースあり?徹底レビュー

退職代行EXIT 口コミ評判2-min

この記事では退職代行EXITの口コミや評判について紹介します!

退職代行は世の中に複数存在しますが、その中でどれが一番いいのかはわかりにくいですよね。

ほとんどが「即日対応」「電話で完結」なんてワードがありますが、どれも優劣つけがたい。

その中で、退職代行EXITの料金は50000円とのことでした。他社と比較して少し高いように思います。

今回は退職代行EXITの口コミ評判を元に調べていきたいと思います。

 

退職代行おすすめ3社

\全国の退職代行30社の比較はコチラ/

退職代行ランキング比較!金額料金が安く口コミ評判が良い会社を徹底比較!【2021最新】

今すぐ辞めたい!とにかく明日から仕事に行きたくない! 職場でそんな思いが溢れた時に利用すべきなのが退職代行サービスです。 ...

続きを見る

退職代行EXITとは?

退職代行EXITとは

 

交渉力 速さ 実績 信頼 コスパ

退職代行EXITは【即日対応】【追加費用一切なし】【24時間対応】を売りにしている退職代行サービスです。

基本的には即日対応してくれるため、明日から出勤しなくても大丈夫と言うメッセージが込められていますね。

運営は人材会社が行っているとのこと。

そのため、退職した後の仕事探しについてもサポートが充実している様子。

退職した後、再就職先について悩んでいる方にとっては手厚いサービスが受けられるという点でメリットがありそうですね。

ざっくりと、退職代行EXITの特徴をまとめました。

サービス特徴 対応
運営元 民間企業
金額 55000円(高め)
追加費用 無し
会社との交渉 不可
実績 非公開(2018年8月~)
即日退職
対応時間 不明
相談回数 無制限
返金保証 なし
支払い方法 現金(カードOK)
転職サポート あり!

 

退職代行EXITの会社概要

では、具体的に退職代行EXITの会社概要について紹介します。

会社名 EXIT株式会社
会社所在地 東京都渋谷区神南1-12-16 和光ビル5F
代表 岡崎 雄一郎/新野 俊幸
従業員数 10名
公式サイト https://exitinc.jp/

 

退職代行EXITの強みや特徴4選!

退職代行EXIT 強み・特徴

カンタンに、退職代行EXITの強みについてまとめていきます。

  1. 退職代行の実績や経験が豊富
  2. 退職できない場合は拒否してくれる
  3. 追加料金は一切なし
  4. 転職サポートで代行費用がキャッシュバック

 

①退職代行の実績や経験が豊富

退職代行EXITは退職代行サービスのパイオニアとも呼べる存在。経験や実績については間違いなくNo.1と呼べるでしょう。

現在も退職代行EXITは毎月300件程の退職代行の相談が寄せられているとのこと。現在までに退職できなかったケースは一度も無いとされています。

これまでの実績があるからこそ、現在でもサービスを継続できているのでしょうね。

②退職できない場合は拒否してくれる

退職代行EXITは全ての退職代行依頼を受けているわけではありません。

退職代行の相談の中には対応できないものもあります。そんな相談に関しては、ハッキリと対応できないと拒否してくれるのが退職代行EXITです。

仮に、出来るかどうかわからないような案件に対して、以来を受けて「退職できませんでした」では済まされませんからね。その場合、その後の会社での立ち位置は厳しいものになるでしょう。

そんな状況を理解しているからこそ、できる/できないを判断し、相談に乗ってくれます。

③追加料金は一切なし

退職代行EXITでは、追加料金はありません。弁護士の退職代行に依頼した場合、その職種や経歴、そして状況によって追加料金やオプションが発生する場合があります

その一方で退職代行EXITは料金は一律。後から追加でお金を請求するということはないので安心ですね。

④転職サポートで代行費用がキャッシュバック

退職代行EXITは比較的、代行費用が高め。しかしそれには理由があります。

退職代行EXITでは転職サポートが付いており、退職代行完了後に転職サポートを利用して転職が完了したら代行費用がキャッシュバックされます。

これにより、結果的に退職代行費用が実質ゼロ円で対応してもらうことも可能です。

 

退職代行EXITを利用時の注意点やリスク

さて退職代行EXITの強みやメリットを紹介しましたが、実際には良いところばかりではありません。

利用時には注意点やリスクが伴うもの。今回は依頼前に読んでおくべき注意点について紹介します。

  1. 顧問弁護士の表記は無い
  2. 退職代行EXITの料金は比較的高め
  3. 訴えられる可能性はゼロではない
  4. 会社との交渉はしてくれない
  5. 返金保証制度はない

 

①顧問弁護士の表記は無い

運営に弁護士が監修しているかどうかは気になるポイント。

退職代行サービスは一部では「違法だ!」なんて言われることもあるため、正しい業務を行っているかを判断する為、

弁護士が運営に携わっているか、監修しているかは重要なポイントとなります。

退職代行EXITのHPを調べる限りでは退職代行EXITで弁護士に関する表記はありません。そのため、弁護士が運営に携わっている...というわけでは無さそうですね。

 

②退職代行EXITの料金は比較的高め

退職代行EXITの料金は50000円です。これは他の退職代行サービスと比較してかなり高い料金設定と言えるでしょう。

料金が高い理由は転職サポート利用においてキャッシュバックを行っているから...とも言えるでしょう。しかし、転職サポートを考えていない人、もしくは少し休みたい人にとっては、なかなか厳しい料金設定なのではないでしょうか。

では、具体的に他社と比較してみましょう。

退職代行業者 料金 運営元 会社との交渉
退職代行ガーディアン 29,800円 労働組合
退職代行SARABA 25,000円 労働組合
男の退職代行 26,800円 労働組合
退職代行Jobs 29,800円 労働組合
退職代行EXIT 50000円 民間企業
退職代行辞めるんです 27,000円 民間企業
退職代行NEXT 33,000円 弁護士
弁護士法人みやび 55,000円 弁護士
アディーレ法律事務所 77,000円 弁護士

 

確かに他の退職代行と比較すると高いように思いますよね。

また、会社との交渉もできないため、他社と比較するとメリットは低いように感じるかもしれません。

退職代行のパイオニアだからこそ、実績があるからこそかもしれませんが、安く済ませたいなら他の退職代行業者に依頼したほうが良いかもしれません。

\退職代行の料金比較はこちら/

料金で選ぶ!退職代行の金額値段をランキング比較!安いサービスの選び方!

退職代行を費用や金額だけで選ぼうとすると、失敗する可能性が高いので注意しましょう。 過去に退職代行に依頼して、結局辞める ...

続きを見る

 

③訴えられる可能性はゼロではない

退職代行を使うことによって、訴えられる可能性はゼロではありません。

基本的に退職代行を利用した退職によって、会社が損害賠償請求等を行う可能性は極めて低いです。

損害賠償請求を行う場合の手間暇や時間、回収できるお金を考えた場合、会社が辞めていく人に対してわざわざ訴訟するとは考えにくいです。

また、社員の一人が居なくなった(急病を含む)ことにより、損害が発生したことを立証するのは非常に難しいと言えるでしょう。

とはいえ、退職代行EXITは「交渉」ができません。そのため、事態を穏便に済ませるなんてこともやってもらう事はできません。

そのため退職代行EXITを利用して訴えられる可能性は無いと言い切れないのは注意しておきましょう。

損害賠償まで考えるのであれば、料金はグッと上がりますが弁護士の退職代行がオススメです。

\弁護士の退職代行はコチラ/

【退職代行】弁護士で無料相談ができるおすすめサービスは?
【退職代行】弁護士で無料相談ができるおすすめサービスは?料金を安く済ませたい方へ

本記事では退職代行を受け付けている弁護士の中で、無料相談ができるサービスについて紹介します。 弁護士の退職代行では、無料 ...

続きを見る

 

④会社との交渉はしてくれない

退職代行サービスには主に3種類あり、弁護士、労働組合、民間企業の3つです。

会社との交渉、例えば「残業代の請求」「有給休暇の取得」「退職金の請求」などの交渉を行うことができるのは弁護士と労働組合のみとなります。

この中で退職代行EXITは民間企業であるため、「交渉」はできません。

POINT:退職代行の比較

弁護士 労働組合 民間企業
会社への通知
即日対応 ×
会社との交渉 ×
裁判の代理人 × ×
費用 10万円程度 2~3万円 1~3万円

退職代行EXITは民間企業の位置づけであるため、上記のような交渉はできません。

基本的には「辞めるだけ」「退職の意思を伝えるだけ」の依頼を受け付けている形になります。

※民間企業が交渉を行った場合、非弁行為となり、違法となります。

もし会社との交渉を行いたいのであれば、弁護士、もしくは労働組合の退職代行に依頼しましょう。

退職代行ガーディアン 口コミ評判
退職代行ガーディアンの口コミ評判!流れはどうなる?労働組合が弁護士より安く安全に使えるホントの理由はコチラ!

会社を辞めたい・仕事を辞めたい時に、『退職代行』を使うことを一度は考えたことがあるのではないでしょうか。 今回の記事では ...

続きを見る

 

⑤返金保証制度はない

退職代行EXITには返金保証はありません。現時点で退職代行成功率は100%ですが、退職に失敗した場合にお金が返金されることはありません。

そのため、万が一退職に失敗した場合、退職代行を利用した意味が無かった場合でも料金を支払うことになります。

もし、退職が失敗した場合の事も考えるなら、返金保証が付いている退職代行に依頼しましょう。

労働組合の退職代行にはほとんどの場合、返金保証が付いているのでおすすめです。例えば退職代行SARABA等でしょうか。

退職代行SARABA 口コミ評判4
退職代行SARABAの体験談!流れや失敗は?実際にインタビューしてみた!【口コミ評判】

この記事では退職代行SARABAの体験談や口コミや評判について紹介します! 退職代行は日本全国に複数存在していますが、出 ...

続きを見る

 

退職代行EXITの評判や口コミ体験談

退職代行EXIT 評判・体験談

ここでは、退職代行EXITを利用した体験談や評判について紹介します。

転職前はメーカーの営業職でした。新入社員で入社したばかりでした。研修を受けたあとに今の部署に配属になったのですが、明らかなパワハラがあり、自分の適正と合っていないと実感しました。研修を経ていたので、その費用は会社側に負担がいっていたため、自分で退職を言い出しにくかったから退職代行EXITを利用しました。即日対応、離職票の送付、退職後の転職サポートが可能かどうかを重視しました。またこちらから一切会社側に連絡をしなくても良いシステムというところもです。振り込み後、すぐに会社の総務部に連絡をしてくださり、退職の手続きをしていただけました。懲戒解雇になるか怖かったのですが、退職代行EXITさんのプロの力でそれは免れました。すぐに離職票を郵送してくださいましたし、迅速な対応で大満足でした。20代などの新入社員として入社したばかりで会社をやめにくい人、懲戒解雇が怖い人などにオススメしたいです
中小コーヒーチェーン店で働いていました。一時期ネットで話題になったことでぼんやりと覚えていた。調べてみたところ、有名だし、各種体験談を読んで問題無さそうだったので利用しました。他にも退職代行をやっている業者は沢山あったが、利用者の声が多かったのが決め手です。金額よりも、すぐに退職可能というところに着目。その時は思考能力の低下もあった為、体験談を読んだ後に問題無さそうだったので即利用しました。また、やり取りが基本的にLINEだけで完了するのが良いと思ったんです。良かった点は本当に即辞めれたこと。こちらの要望にも基本応えてくれたので、円滑に退職が進みました。逆に今一つだった点は、やはり金額でしょうか。少し高いようにも感じました。とにかく早く辞めたいのであれば、有名なEXITを利用するでも良いと思う。ただし、金額が高いのでそこは視野に入れましょう。色々と吟味する余裕があるなら、他社の退職代行を利用することもオススメ
保険の営業として働いていました。ネットでの評判が高かったことと金額が思っているよりも安かったことが決めてでした。調べていた中では、前項で記述したような引き継ぎ作業が必要そうな会社はありませんでした。信頼できる担当者だったのですぐに決断できました。引き継ぎ作業などが必要な仕事でしたが面倒だったため、そういった手続きが不要かどうかを一番重視しました。無事に退職できたことが何より良かったです。人間関係が転職の原因でもあったので上司への挨拶や引き継ぎだけはしたくなかったので,,,。また、同時並行で転職活動に集中できたことも今思えば良かったです。特に私と同じ20代の方にはオススメです。言い出しづらい方も多いと思いますし気まずいと思うので、そこに共感できる方にはオススメです。
サービスエリアのフードコートで正社員として働いていました。会社の上司や同僚からのパワハラ・モラハラが凄くて精神的に病んでしまって会社に足を向けるのも辛くなってました。そんなときにインターネットで退職代行EXITのサイトを見て間に入って退職までの煩わしい作業を全部引き受けてくれるとのことでお願いしました。1日も職場に顔を出すことなく有給も使って辞められ尚且つ追加料金がかからないことが重視した条件でした。1日も会社に顔を出すことなく退職手続きをしてくれるし、有給も使ってやめられたので、わたしとしては何も問題なく辞められて本当に感謝しかないです。自分1人ではきっと手続きに至るまでに困難があって、なかなか退社するまで時間がかかっただろうから頼んで良かったです。パワハラやモラハラで苦しんでいる人や本当に仕事が嫌で辞めたいけど辞められない人にオススメだと思います。

 

退職代行EXITを使うべき人

ではここで、こんな人は退職代行EXITを使うべき、使わないべき...というところを整理しておきましょう。

あなたに本当に必要な退職代行を理解しておくと、より良い退職ができるでしょう。

退職代行EXITを使うべき人は以下に当てはまる人と言えるでしょう。

退職代行EXITを使うべき人

  • とにかく退職だけしたい人
  • 退職後の転職を考えている人
  • 引き留めなどで退職できない人

退職代行EXITでは、退職時の交渉などはできません。そのため、退職金をもらうことや有休の消化ができるかどうかは辞める会社次第となります。

そのため、とにかく退職したい、引き止められずに会社を辞めたい人におすすめですね。

特に、新卒で入社したばかり...の場合におすすめです。就職活動をして入社してみたものの、条件が違ったり「配属ガチャ」で相性の悪い先輩社員の元に配属されてしまうこともありますよね。

新卒の場合、残業時間も少なかったり、退職金もまだもらえない状況ですよね。場合によっては有給も無い場合も。なので、特に交渉の必要はありません。

そんな時「もう辞めたい!」と思うならば、退職代行EXITは効果的なのではないでしょうか。

また、転職サポートによるキャッシュバックサービスもあるため、その後に転職を考えている人にもおすすめです。

 

退職代行EXITをおすすめできない人

一方で、以下のような条件に当てはまる場合は退職代行EXITをおすすめできません。

退職代行EXITを使うべきでない人

  • 退職金や残業代もきっちり欲しい人
  • 退職代行費用の金額を安く抑えたい人
  • 円満な退職をしたい人

退職代行EXITでは交渉ができません。

そのため、普通に退職したらたくさんの退職金がもらえるはずだったり、残業をたくさんしていて通常なら給料に反映されるハズだったり、有給がたくさんたまっていたという場合は損をします。

会社の対応にも寄りますが、退職代行を使用して辞めると、これらの退職金・残業代・有休がをもらえない可能性が高いです。

それって労働者の権利なんじゃないの?

もちろんその通り。しかし、民間の退職代行の場合は交渉ができないため、「退職の意思を伝える」事しかできないんですよね。

労働者の権利だからそれを払ってください....と交渉することはやってもらえません。(非弁行為に該当する可能性があります)

 

そのため、退職金の請求や残業代もしっかりと欲しい人は労働組合の退職代行に依頼するのが良いでしょう。

労働組合の退職代行おすすめ5選!違法?トラブルなく会社を辞めるために

労働組合の退職代行でオススメが知りたい! 労働組合の退職代行って違法じゃないの? この記事に訪れたあなたはそんなことを疑 ...

続きを見る

 

また、退職代行EXITでは金額が高めであり、転職サポートなどを利用しないのであれば、もっと安い金額で退職代行の利用は可能です。

基本的に交渉ができないのは不利に働きがち。そのため、辞める会社とも円満に退職したいなら、交渉ができる労働組合がおすすめです。

 

退職代行EXITへ相談から退職完了までの流れ

それでは、退職代行EXITに相談してから退職完了までの流れについて紹介します。


  • 無料相談

    まずは無料相談を行いましょう。LINE・電話・お問い合わせフォームより、あなたが現在悩んでいる問題について相談します。

    その内容に対応できるかどうか?を問い合わせてみましょう。


  • 契約・料金の支払い

    相談をした後に、実際に依頼する時は料金を支払います。銀行振り込みやクレジットカードが対応可能です。すぐに退職したいのであればクレジットカードで支払うことをおすすめします。


  • 退職代行

    料金を支払ったら、実際に退職代行を行ってもらいます。日時などを決め、EXITが代わりに電話で退職の意思を伝えます。

    悩みについての相談は回数無制限でお願いすることができるため、いつでも相談するようにしましょう。


\退職代行の流れについて詳しくはこちら/

退職代行 流れ
退職代行の流れが知りたい!初めて利用する人向け退職の手続きや方法をゼロから一つずつ教えます

退職代行の流れについて紹介します。 退職代行にはSARABAやEXIT、ニコイチ等のサービスが有名ですが、利用する前に全 ...

続きを見る

 

退職代行EXIT利用時によくある質問

退職代行EXITに寄せられるよくある質問をまとめてみました。

Q:本当に退職できるの?

退職代行Exitを使って本当に退職できるの?

退職は問題なく可能でしょう。退職代行EXITのこれまでの実績や退職者数を考えても退職成功率100%は嘘では無いと判断できます。

Q:会社から訴えられないか?

退職代行を使って、会社から訴えられることってあるんじゃないの?

基本的には会社から訴えられる可能性はゼロではありません。

しかし、訴訟のための手間暇や時間、回収できる金銭を考えれば訴訟を起こすことは会社にとってデメリットしかありません。

また、一人の社員が休んだことで会社が損害を受けたと立証することが非常に難しいのです。

訴えるぞ!というのは単なる脅し文句ですね

そのため、訴えられる可能性は限りなく低いと言えるでしょう。

Q:会社から連絡が直接来ないか?

退職代行を使って、会社から直接連絡が来ることは無いの?

退職代行を利用した際、会社側が突然の退職代行からの連絡にパニックになり、本人に確認するケースはよくあります。

突然退職代行から電話がかかってたら、事実確認のために連絡が来る可能性は十分にあるでしょう。

退職代行業者は電話をかけないように制止してくれますが、連絡が来る可能性があると考えておきましょう。

Q:退職代行の非弁行為って何?

退職代行で違法になる非弁行為とは?

非弁行為とは、弁護士資格の無い人や会社がが報酬目的で弁護士にしか認められていない行為の事を言います。

これは弁護士法第72条に定められているモノであり、弁護士以外が行うと違法行為となります。

会社との交渉は、弁護士だけでなく、団体交渉権を持つ労働組合も可能です。

そのため、弁護士・労働組合が運営する退職代行業者が交渉しても非弁行為に該当しません。

稀に、「弁護士が監修」という表記がありますが、これは弁護士が運営しているわけではないので注意してください。

Q:残っている有給休暇は消化できる?

退職代行EXITで辞める時に有給消化ってできるの?

退職代行EXITでは、交渉ができないため、基本的には有給消化して辞めることはできません。

交渉ができないため、「本人は有給を消化して辞めたいと言っている」...と、意思を伝える程度になるでしょう。

会社側が有給消化を拒否した場合、それ以上踏み込んで交渉を行うことができません。そのため、会社次第と言えるでしょう。

Q:明日すぐ辞めたいけど可能なの?

明日すぐに辞めたいんだけど....それってできる?

退職代行EXITの強みの一つが即対応です。もし夜中の依頼であったとしても、翌日朝の出社時までに代行料金を支払えば翌日から出社する必要はありません。

つまり、明日すぐに辞めたいということも可能です。

退職代行EXITでは、クレジットカードでの支払いが可能です。そのため、夜中に依頼・支払いを行ってもすぐに対応してもらえます。

Q:次の転職先にバレて転職に不利になることは?

次の転職先にバレたりしない?不利になりそうで....

退職代行を利用した場合、次の転職先にバレるのでは?というのは実はよくある相談です。

もし、国内に数えるほどしかない同業他社に転職する場合には、退職代行を使って辞めたことが伝わる可能性はゼロではありません。

しかし、基本的には自ら面接で話したり・発信しない限りは、バレる可能性は極めて低いでしょう。

次の転職先にバレるかも?という話については、以下の記事で詳しく記載しています。

退職代行を使ったその後は転職活動で不利?再就職を安全に進めるために

退職代行を使っての退職を考えている場合、その後の転職活動について気になりますよね。 転職先・再就職先にバレてしまわないか ...

続きを見る

 

退職代行EXITで失敗したケースあり?

退職代行EXITについて調べてみると「失敗」というキーワードが出てきました。もしかすると過去に失敗したケースがあるのでは?と考え、調べてみましたが特に退職代行で失敗したケースは無いようです。

現在のところ、退職代行業界全体で見ても失敗したケースはありません。そのため、サービスを使用すれば確実に退職できるというのは間違いありません。

※会社は退職を引き留めることはできません。

今回、退職代行EXITで「失敗」というワードが出てきたのは「失敗するのでは?」という不安を感じた人が多かったことからそのようなワードが生まれたのではないかと考えられます。

退職代行の失敗やトラブルの事例については以下の記事を参考にしてみましょう。

退職代行 トラブル事例
退職代行のトラブル事例7選!失敗したくない人のサービスの選び方!

「退職代行を使うとトラブルになるかも」 「退職代行を使って失敗したら嫌だ」 そんな不安を抱えてはいませんか?確かに、退職 ...

続きを見る

 

退職代行exitの社長はどんな人?

新野俊幸さんはテラスハウス出身!

退職代行EXITの社長がどうやら注目されているみたいですが、社長の新野俊幸さんは有名人のようですね。

元々はテレビ番組、『テラスハウス』出身であり、現在は株式会社EXITの代表取締役を務めています。

平成元年生まれ、大学は青山学院大学の英米文学科を卒業されています。

卒業後もソフトバンクやリクルートなどの有名企業を経て2018年にEXIT株式会社を設立したとされていますね。

 

岡崎雄一郎さん

 

また、EXIT株式会社のもう一人の取締役社長も個性的な人物。

岡崎雄一郎さんで刺青が目立つことから、刺青社長という名前も。

新野俊幸さんと同じく平成元年生まれであり、歌舞伎町のキャバクラや解体工事などを経験。

退職代行を行うにあたって、社長の事は気にならないかもしれませんが、興味があればインタビュー記事などを参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

退職代行EXITの評判まとめ

以上、退職代行EXITについて、口コミ評判を元にまとめてみました。

基本的に退職代行EXITに依頼する場合には、以下の人におすすめです。

  • ホワイト企業に就職していて辞めるまでの過程が面倒
  • とにかく辞めたいだけ。有給取得や退職金は不要
  • 退職代行でトラブルになりそうな様子はない

 

しかし、退職代行を使うと言っても、やはり「損をしたくない」ですし、「トラブルなく安全に辞めたい」という希望があるのではないでしょうか。

実際、数年間働いた後に退職すると、いくらかの退職金はもらえるようになります。また、残業が多すぎて辞めたいという場合には、残業代もかなりの金額になるでしょう。

そんな状態で残業代を手放すのはあまりにも痛手ですよね。

それらの給料報酬についてもしっかりと請求できるのは、弁護士か労働組合の退職代行になります。

民間企業では、あくまでも「意思を伝えるだけ」となりますので、ご注意ください。

 

また、トラブルなく辞めることができるのは、会社との交渉ができること。

会社に退職を断られた時でも、交渉権があれば、退職について強く求められます。この交渉権を持つのも弁護士か労働組合になります。

  • 弁護士:弁護士資格を持つため、交渉が可能
  • 労働組合:団体交渉権を持つ労働組合の退職代行

弁護士か、労働組合から連絡が来たら、会社だって身構えるし、しっかりとした対応をしなくては...と思いますよね。

立場上の効果があるのも弁護士と労働組合の特権です。

 

また、費用を抑えたいのであれば、労働組合がおすすめです。

労働組合の退職代行の場合、民間企業と同じくらいの金額で退職代行の依頼が可能です。

弁護士の労働組合に依頼する場合、基本的に着手金で10万円ほど、成功報酬で10万円程を取られるケースが多いです。

そのため、労働組合に依頼すれば、費用を抑えて安心して退職することが可能ですよ。

\全国の退職代行30社の比較はこちら/

退職代行ランキング比較!金額料金が安く口コミ評判が良い会社を徹底比較!【2021最新】

今すぐ辞めたい!とにかく明日から仕事に行きたくない! 職場でそんな思いが溢れた時に利用すべきなのが退職代行サービスです。 ...

続きを見る

退職代行おすすめTOP3

1位:退職代行SARABA

労働組合の中でも最安値。また、業界で不動の人気を誇る労働組合の退職代行SARABA。 即日対応・即日交渉ができるだけでなく、退職後の転職サポートについても充実。
費用:25000円

退職代行SARABAのHP

2位:退職代行ガーディアン

東京労働経済組合が運営する退職代行ガーディアン 企業との有給消化や未払いの残業代請求などの交渉が可能であり、今最も人気のある退職代行サービス
費用:29800円

退職代行ガーディアンのHP

3位:退職代行Jobs

顧問弁護士の西前啓子先生が監修しており、労働組合『合同労働組合ユニオンジャパン』が連携。 会社との交渉はもちろん、退職者のカウンセリングにも力を入れている退職代行。
費用:27000円

退職代行JobsのHP

-退職代行

© 2021 NEKOROBI Powered by AFFINGER5